短歌と俳句と詩

[HOME]

2010年4月

短歌九首 4月29日(木)


腹が減り
いてもたっても
目が覚める
熟睡出来ぬ
自然現象     wakkii

どこまでも
一つ一つを
片付ける
花があるから
課題山積     wakkii

我が家では
のんびりしたい
我が心
そんな未来が
待っているかな  wakkii

どこまでも
我が行く末は
不透明
どんな未来が
待っているやら  wakkii

仕事して
どんな作戦
あるかしら
わけもわからず
日が過ぎて行く  wakkii

我ながら
どんな休日
待っている
計画たてて
期待高まる    wakkii

我ながら
どんな休日
待っている
いろいろ出来て
期待高まる    wakkii

連休で
うれしい限り
我が心
思う存分
色々したい    wakkii

寝れるだけ
連休初日
寝ていたい
思いの他に
いきた気がする  wakkii



詩一篇、短歌一首 4月24日(土)

本の代金かさむ


我が成長を考えるに
どうしても本の代金はかかってしまう
一万円近くかけてしまうと罪悪感はひとしおである

我が成長がどれだけのものか、わけもわからない現状では
ひたすらに前進するしか考えられない

それでも
お金を使う罪悪感は
のがれられない
悲しい限りだ


**********************************************************************

我が本に
かかる代金
多額なり
罪悪感に
悲しい限り    wakkii




短歌10首 4月21日(水)


試験受け
何をすべきか
考える
整理がつけば
成果あるかな    wakkii

たまになら
静岡市内
出かけたい
思いの他に
気分がかわる    wakkii

テスト受け
終わってみれば
ホッとする
体はどこか
力が抜ける     wakkii

気がつけば
読みたい本が
増えていく
やりたい事が
あれば吉かな    wakkii

いつになく
国語能力
上げたいな
最終的に
必要である     wakkii

春なのに
寒い天気で
変である
心はどこか
調子が狂う     wakkii

腹が減り
力が出ない
昼間際
時間をかけて
充電したい     wakkii

どこまでも
やれるだけやる
取り柄なり
どんな未来が
待っているやら   wakkii

毎日の
仕事終われば
元気出る
緊張あれば
仕方なしかな    wakkii

どことなく
暖かい春
待ち遠し
元気一杯
はじけてみたい   wakkii


詩一篇、短歌一首 4月17日(土)


サイエンス


私にとってサイエンスは
情熱であり愛であり
火の鳥である

サイエンスは
私を勇気づける
導いてくれる
助けてくれる

ああ!サイエンスよ!!永遠なれ!

********************************************************************

どこまでも
サイエンスより
今がある
あらゆる面で
影響受ける    wakkii


短歌7首 4月15日(木)


勉強が
思うようには
進まない
時間がせまり
焦り始める     wakkii

人生が
思うようには
進まない
どんな未来が
待っているやら   wakkii

どこまでも
先行き見えぬ
未来なり
我が一日を
全うしたい     wakkii

散歩して
先行く道に
期待あり
そんな悟りが
開けぬものか    wakkii

なぜかしら
昼飯食べて
ホッとする
そんな時だけ
いきた気がする   wakkii

やれるだけ
やってみようと
仕事する
わけもわからず
時間が過ぎる    wakkii

どこまでも
先が見えずに
日が過ぎる
好転しても
いいものなのに   wakkii


詩一篇、短歌一首 4月10日(土)


[たたかい]


反発反感の中で
自分にとって何が大事かたたかいの連続だった
それだけが私を大きくさせた原因のように思う

今でも他人が大事なことでたたかっている姿が美しく見える事がある

人間は大事なことをたたかってこそ美しいそういう生物である


*********************************************************************


常日頃
たたかう姿勢
あるのなら
心打たれる
思いあるかな     wakkii



短歌7首 4月8日(木)


新しい
門出を祝う
桜咲く
未来に託す
我が心かな     wakkii

桜咲き
我が人生を
振り返る
無常なれども
未来あるかな    wakkii

どこまでも
成長したい
我が心
どんな出会いが
待っているやら   wakkii

先行きが
わからぬままに
過ぎて行く
どんな未来が
待っているやら   wakkii

仕事にて
気持ちの整理
難しい
いろいろやれば
仕方なしかな    wakkii

腹が減り
思考回路が
まわらない
時間をかけて
午後に備える    wakkii

とりあえず
前進すれば
吉である
試行錯誤の
連続だけど     wakkii



詩一篇、俳句三句 4月3日(土)


桜の木の下で


どこまでも
出会いと別れを繰り返す
桜の時期は思い出を回想しつつ
新しい門出を祝う
その心は
この世の無常を抱きつつ
これからの未来に希望を与えたい一心にある
ありがたき桜かな


************************************************************************

桜見て
無常なれども
未来あり    wakkii

はれやかな
めでたい桜
ありがたや   wakkii

新しい
門出を祝う
桜かな     wakkii



短歌7首 4月1日(木)


桜咲き
いつの間にやら
春来たる
喜ぶべきか
わからぬままに     wakkii

いつまでも
目的もって
散歩する
なすがままには
悟り開けず       wakkii

どこまでも
女の声が
わからない
付き合いきれず
調子が狂う       wakkii

かよい合う
思いが募る
愛がある
真の男と
真の女は        wakkii

どこまでも
わけもわからず
日が過ぎる
好転しても
いいものなのに     wakkii

どことなく
はかない桜
目にうつる
どんな出会いが
待っているやら     wakkii

いつのまに
あれよあれよと
四月なり
どんな出会いが
待っているやら     wakkii




<< >>
produced by ace