短歌と俳句と詩

[HOME]

2012年12月

短歌十首 12月28日(金)


帰るまで
ストレスたまる
仕事なり
いろんな意味で
楽になりたい     行有

ずるずると
仕事が続き
果てしない
いろんな意味で
なるにまかせて    行有

昼食の
富士屋ホテルで
思い出を
残して来れた
ありがたさかな    行有

年末は
心寂しい
気がしてる
新年こそは
どうなるかしら    行有

心から
気分優れて
ほっとする
時が経つけど
いきていくのさ    行有

なぜかしら
いくら何でも
言われても
なすすべもない
話が続く       行有

どこまでも
年末なのに
仕事あり
どんな人生
歩むものやら     行有

年末は
新年に向け
願かける
どんな人生
歩むものやら     行有

いろいろと
満喫したい
冬休み
楽になれれば
夢のようなり     行有

妹の
元気な姿
見れるかな
いきていくのは
寂しい限り      行有


短歌十首 12月21日(金)


仕事から
離れられない
思いあり
時が流れる
はかなさあって    行有

土日にて
楽になりたい
思いあり
時が流れる
はかなさあって    行有

思い切り
横になれれば
いいかしら
仕事忘れて
夢のようなり     行有

年末は
時が経つのも
不思議なり
わけのわからぬ
身分だけれど     行有

家にいて
何かをやれば
時が経つ
いろんな事が
人生かしら      行有

落ち着いて
生活したい
気分なり
年末だから
仕方なしかな     行有

ちょっとずつ
小さな変化
繰り返し
いろんなものが
いきていくのさ    行有

毎日が
わけのわからぬ
身分だが
何とか無事に
過ぎてゆくなり    行有

ひたすらに
一日過ぎる
むなしさよ
かみしめるもの
おもむくままに    行有

見つめ合い
話をしつつ
通じ合う
愛がこぼれて
広がっていく     行有


俳句八句 12月15日(土)


どうしたら
をしどり夫婦
なれるかな     行有

満月に
おほかみ男
あらわれる     行有

気分良く
我を忘れて
千鳥足       行有

日向ぼこ
時が流れて
のどかなり     行有

息白く
ぐっとこらえて
気合いなり     行有

きつねにて
仕事しながら
つままれる     行有

たぬきにて
仕事しながら
だまされる     行有

いつまでも
淡い期待の
青写真       行有


短歌十首 12月14日(金)


夢あれば
金が無くても
絵はかける
なるようになる
人生なのさ       行有

夢あれば
いろんな事が
思いつく
なるようになる
人生なのさ       行有

本あれば
図書館行って
絵はかける
なるようになる
人生なのさ       行有

愛あれば
いろんな事に
役に立つ
めぐりめぐるは
我が人生よ       行有

どこまでも
散歩があれば
元気なり
風に吹かれて
鍛えられつつ      行有

ゆっくりと
残る時間は
テレビ見る
勝手気ままに
時が流れる       行有

ストレスで
疲れのたまる
仕事なり
繊細過ぎて
神経使う        行有

何事も
求めるものは
夢である
それさえあれば
いきていくのさ     行有

おかげさま
休みの日あり
楽になる
時が流れる
はかなさあって     行有

来週は
どんな仕事に
なるのやら
いろんな事が
夢のようなり      行有


俳句七句 12月8日(土)


我知らず
体調変化
咳に出る     行有

独り身で
何気に終わる
クリスマス    行有

人知れず
思い思いの
鴨の群れ     行有

暖房や
いろんなとこで
世話になる    行有

静けさや
心やすまる
日向ぼこ     行有

時間あり
期待高まる
冬休       行有

北風に
負けてはならぬ
心あり      行有


短歌十首 12月7日(金)


冬が来て
睡魔が襲う
朝である
休みの日には
おもむくままに    行有

仕事して
楽になりたい
気分なり
休みの日には
おもむくままに    行有

難儀にも
たまったビデオ
消化する
集中しつつ
疲れがたまる     行有

散歩して
急転すれば
雨が降る
神の洗礼
受けたのかしら    行有

今があり
生きているのが
不思議なり
そんなに今が
大切かしら      行有

静けさや
エサを求める
ハトの声
太陽注ぎ
のどかな気分     行有

仕事して
一日過ぎて
ほっとする
いろんな事が
夢のようなり     行有

毎日は
何が出来るか
わからない
いろんな事が
夢のようなり     行有

何でだろ
何はともあれ
生きている
いろんな事が
夢のようなり     行有

どこまでも
信じられない
世界なり
いろんな事が
夢のようなり     行有


俳句八句 12月1日(土)


一年を
思い返せば
師走なり    行有

どことなく
覚悟を決める
冬もみじ    行有

気がつけば
どこもかしこも
冬支度     行有

心無し
冬の朝には
寝ていたい   行有

ありがたく
食べてみるのは
みかんなり   行有

今季には
鍋焼きうどん
食べたいな   行有

静けさや
小春日和に
ハトの声    行有

鳴り響く
枯れた落葉を
ふみしめて   行有



<< >>
produced by ace