短歌と俳句と詩

[HOME]

2012年2月

短歌十首 2月24日(金)


心から
ドラゴンキック
くらわして
消滅すれば
気分良いのに    行有

興味ない
女の話
聞いてない
消滅すれば
気分良いのに    行有

ずるずると
時間が過ぎる
はかなさよ
生きていくのは
そんなものかな   行有

何事も
問題あらず
いいかしら
右から左
そんなものかな   行有

生きるのに
アイデンティティー
求めたら
気が済むまでは
走るしかない    行有

評価無く
アイデンティティー
わからない
生きていくのに
必要かしら     行有

興味無い
女の声が
終わらない
自分勝手な
発言なのに     行有

つまらない
女の声が
終わらない
ストレスたまる
発言なのに     行有

黙々と
集中すれば
いつまでも
生きているのが
不思議なくらい   行有

冷静に
考えてみて
どことなく
生きているのが
不思議なくらい   行有


短歌十首 2月17日(金)


ひたすらに
思うようには
生きられぬ
やる事やるが
好転しない     行有

評価無く
生きていけるか
わからない
我が身の上は
そんなものかな   行有

全体を
見通す力
求めたい
かけがえのない
気高き心      行有

物事に
熱き心
求めたい
かけがえのない
気高き心      行有

いつまでも
出来る事なら
寝ていたい
そんな休みが
乙なものなり    行有

くだらない
女の声が
聞こえてる
話通じず
理解出来ない    行有

どこかしら
話の出来る
母親の
元気な姿
まぶたに残る    行有

出来るのは
可能性ある
合意なり
不可能なのは
雲散霧消      行有

どことなく
家に帰れば
ほっとする
繰り返される
毎日だけど     行有

わからない
無事に過ぎれば
御の字か
どんな未来を
描けるかしら    行有


短歌十首 2月10日(金)


寒くては
心はどこか
力出ぬ
かけがえのない
春を待つのみ     行有

わからない
こんな組織で
いいかしら
別の形が
無いものかしら    行有

幸せは
つかまなければ
つかまらず
悟りの道は
遠きものなり     行有

なるように
ならぬものかな
我が道は
穏やかならず
悟りきれない     行有

寒くても
布団の中で
汗をかく
楽になれるか
悪戦苦闘       行有

寒くても
コートの中で
汗をかく
楽になれるか
悪戦苦闘       行有

仕事して
頭を使い
疲れてる
思うようには
うまくいかない    行有

どことなく
落ち着く暇も
ありもせず
生きていくのは
そんなものかな    行有

ありがたく
平穏無事に
日が過ぎる
そんな身分は
乙なものかな     行有

どことなく
生きているのが
不思議且つ
この世の中も
理解出来ない     行有


短歌十首 2月4日(土)


休みこそ
心行くまで
安堵する
悟りの道は
遠きものなり     行有

乾燥し
口が渇いて
難儀なり
心はどこか
春を待つのみ     行有

ひたすらに
真面目に生きる
心こそ
かけがえのない
乙なものなり     行有

どこまでも
真面目に生きて
楽しめば
かけがえのない
乙なものなり     行有

出来るだけ
余計な事は
考えず
生きていくのも
乙なものなり     行有

一月も
あれよあれよと
日が過ぎる
整理するのも
一苦労なり      行有

どうしても
楽しい会話
成り立たず
愛があるのか
理解が出来ぬ     行有

どこまでも
一方的な
会話にて
愛があるのか
理解が出来ぬ     行有

幸せが
どんな人にも
わからない
悟りの道は
遠きものなり     行有

どこまでも
実現すれば
道はある
そんな思いを
大事にしたい     行有



<< >>
produced by ace