短歌と俳句と詩

[HOME]

2013年6月

俳句六句 6月29日(土)


道中は
緑にふれる
世界かな     行有

ビール飲み
ゆっくりすれば
うれしいな    行有

こちらこそ
お祭り気分
のりうつる    行有

薫風や
我が身思えば
ひきしまる    行有

万緑を
見渡す限り
あふれてる    行有

虹立ちて
うれしさ募る
声がする     行有
 

短歌十首 6月28日(金)


やすらかに
寝れるものなら
寝ていたい
いきているなら
そんなものかな    行有

休みこそ
心行くまで
楽しめる
仕事に戻る
時が来るまで     行有

ゆっくりと
やりたい事を
思いたつ
そんな一時
風情あるかな     行有

じりじりと
うまくいかずに
あせるなり
やたらむやみに
時が流れて      行有

浮かんでは
いろんな案が
消えていく
とめども無くて
不思議なほどに    行有

ゆっくりと
出来る事なら
そうしたい
着実にして
申し分無し      行有

細かくて
仕事の距離を
はなしたい
行く先々で
いろいろあるさ    行有

やすらかに
心行くまで
眠りたい
仕事に戻る
時が来るまで     行有

やすらかに
何を思えば
いきてれる
求めるものは
夢のまた夢      行有

せまりくる
仕事無ければ
いいのにな
求めるものは
夢のまた夢      行有


俳句六句 6月22日(土)


夏の星
見上げる先に
込み上げる    行有

いてもいら
れず大粒の
汗をかく     行有

新緑の
みずみずしさが
あらわれる    行有

人知れず
雨蛙鳴く
心かな      行有

カタツムリ
どこへ行くのか
のろのろと    行有

夜道にも
心に浮かぶ
花火あり     行有


短歌十首 6月21日(金)


出来るなら
仕事忘れる
休みかな
戻ってくれば
また仕事なり    行有

出来るなら
あんまり仕事
したくない
落ち着く暇も
あまり無いほど   行有

幸せは
どこにあるのか
わからない
とめども無くて
左から右      行有

のちのちに
元気が出れば
散歩かな
いろんな所
興味を示す     行有

休みには
いろんな事に
夢がある
いきているなら
そんなものかな   行有

どうせなら
思えばどこか
味がある
そんな男に
なりたいものだ   行有

たまらない
荷物片付け
汗が出る
わけもわからず
最善尽くす     行有

集中し
疲れのたまる
仕事かな
楽になるまで
休みが欲しい    行有

疲れたら
元気出るまで
一休み
悲しかろうが
むなしかろうが   行有

歩むなら
どんな道にも
壁がある
行く先々で
いろいろあるさ   行有


俳句六句 6月15日(土)


青天の
心清らか
登山なり      行有

山頂で
晴れ晴れとした
登山かな      行有

外に出て
気になるものは
日焼けかな     行有

夏空に
めぐまれて出て
くる元気      行有

夕焼けに
いろんな思い
そまる空      行有

緑陰に
思いがしのぶ
我が身かな     行有


短歌十首 6月14日(金)


休みにて
時間気にせず
寝れるなり
いきているなら
そんなものかな    行有

休みにて
何かが出来る
期待あり
いきているなら
そんなものかな    行有

登山にて
歩き疲れて
良く寝れる
悲しかろうが
むなしかろうが    行有

いつの世も
私に何が
出来るかな
悲しかろうが
むなしかろうが    行有

いつまでも
楽になるまで
いきている
悲しかろうが
むなしかろうが    行有

あらためて
休みが終わり
さびしけれ
いきているなら
そんなものかな    行有

時を経て
いろんな事に
気づくなり
どんな展開
待っているやら    行有

心から
思うようには
いかずとも
不思議なほどに
展開してる      行有

休みこそ
羽根をのばして
夢がある
仕事ありきに
不思議な気持ち    行有

浮かんでは
あくせくしつつ
消えていく
いきているなら
そんなものかな    行有


俳句六句 6月8日(土)


ウグイスや
お前の声が
通じ合う     行有

鳴かぬなら
気づかぬうちに
ホトトギス    行有

新鮮な
トマト求めて
ひと騒ぎ     行有

たまらない
ひとたび動き
汗ぬぐう     行有

心から
待ってましたと
夏きたる     行有

新緑の
元気をそえる
鳥の声      行有


短歌十首 6月7日(金)


我ながら
健康管理
難しい
どんな工夫が
役に立つやら     行有

帰宅して
仕事離れて
安堵する
いきているのは
そんなものかな    行有

慣れなくて
バタバタしてる
休みなり
過ぎてみるなら
それも人生      行有

いつの世も
きれいにならず
よごれてる
そんな日本が
私は嫌い       行有

効果ある
声になるまで
さけびたい
出来る事なら
こちらの方も     行有

どこまでも
あてにならない
世間なり
そんな日本が
私は嫌い       行有

せわしない
時が流れる
休みなり
観念すれば
悟りなのかな     行有

いつまでも
どうなる仕事
わからない
観念すれば
悟りなのかな     行有

走馬灯
みたいな時が
流れてる
落ち着く暇も
あまり無いけど    行有

穏やかに
仕事出来れば
いいけれど
いろいろあって
うまくいかない    行有


俳句六句 6月1日(土)


ウグイスや
元気出てくる
響きあり    行有

鳴かぬなら
人に言われて
ホトトギス   行有

夏の山
いろんな虫に
出会うなり   行有

青空の
お花畑に
酔いしれる   行有

新緑の
空気に当たり
たくましく   行有

こちらこそ
蛇の姿に
驚いた     行有



<< >>
produced by ace