短歌と俳句と詩

[HOME]

2014年4月

俳句九句 4月26日(土)


人知れず
残る寒さに
身がしまる     行有

いつになく
四月来たりて
ボチボチと     行有

草若く
心もかえる
季節かな      行有

元気ある
ぬくとしいきる
我が身かな     行有

春愁
嘘のようなり
元気かな      行有

外に出て
かがやきをます
春日かな      行有

人知れず
桜ごときに
救われる      行有

おもいこそ
桜ごときに
よみがえる     行有

いつかまた
咲き誇るはず
桜かな       行有


短歌十首 4月25日(金)


能のある
力あるなら
苦労せず
センスみがいて
はじめて気づく     行有

寝れたなら
いいあんばいに
なれるかな
踏み出す一歩
強くなるなり      行有

気がつけば
もうそろそろの
寝る時間
もっとたくさん
時間が欲しい      行有

お気楽に
ベットの上で
横になる
おもいえがけば
嘘のようかな      行有

さまよえば
我が道のりは
果てしない
心に決めた
私信じて        行有

いきてれば
一日かけて
成果無し
良くある事に
忘れかけてる      行有

商売も
お客のために
一苦労
縁があるなら
売れるものかな     行有

勉強も
元気の一つ
うれしいな
いきてるあかし
感じられつつ      行有

いろいろと
計画立てる
楽しみは
いきている心
さえわたるかな     行有

課題こそ
クリアしたなら
愉快なり
次につながる
発展あれば       行有


短歌十首 4月19日(土)


能のある
力あるなら
苦労せず
センスみがいて
はじめて気づく     行有

寝れたなら
いいあんばいに
なれるかな
踏み出す一歩
強くなるなり      行有

気がつけば
もうそろそろの
寝る時間
もっとたくさん
時間が欲しい      行有

お気楽に
ベットの上で
横になる
おもいえがけば
嘘のようかな      行有

さまよえば
我が道のりは
果てしない
心に決めた
私信じて        行有

いきてれば
一日かけて
成果無し
良くある事に
忘れかけてる      行有

商売も
お客のために
一苦労
縁があるなら
売れるものかな     行有

勉強も
元気の一つ
うれしいな
いきてるあかし
感じられつつ      行有

いろいろと
計画立てる
楽しみは
いきている心
さえわたるかな     行有

課題こそ
クリアしたなら
愉快なり
次につながる
発展あれば       行有


短歌十首 4月18日(金)


道中は
どこにいようが
なせばなる
なさねばならぬ
不可思議かしら     行有

古酒や
疲れて飲んで
のまれても
いきてるあかし
残せたかしら      行有

寝れそうに
疲れて帰る
仕事かな
いきてるあかし
残せたかしら      行有

待たされて
しびれをきらす
時間にて
退屈なほど
腹立たしいな      行有

望むなら
気長に待てば
めぐりあう
仏心も
役に立つかな      行有

横になり
じっとするのも
乙である
落着き戻る
我が身照らして     行有

歩いたら
横になるなり
もの思う
流れる時が
贅沢みたい       行有

桜こそ
やむにやまれぬ
おもいかな
いつの時にか
咲き誇るまで      行有

本読めて
うれしさ募る
時流れ
いきてる心地
強くなるかな      行有

用が済み
楽になるなら
良く寝れる
日進月歩
強くなるかな      行有


俳句九句 4月12日(土)


鳴かぬなら
寝ても覚めても
ホトトギス       行有

ウグイスや
めでたさ募る
元気かな        行有

花あれば
我が心にも
あらわれる       行有

春雨や
寝ても覚めても
一休み         行有

春雨や
一息ついて
家の中         行有

花吹雪
まぶたの中で
しまいこむ       行有

目にすれば
もっときれいに
花は咲く        行有

おもいこそ
ただようばかり
花吹雪         行有

おもいこそ
届けて欲しい
花吹雪         行有


短歌十首 4月11日(金)


なせばなる
なさねばならぬ
道中は
どこにいようが
不可思議なりて    行有

題目を
となえてみても
苦しくて
知らないうちに
季節はめぐる     行有

こここそは
心に浮かぶ
みしまかな
季節はめぐり
ただようばかり    行有

運命は
抵抗しても
かえられず
季節はめぐり
ただようばかり    行有

救われぬ
ストレス持てば
楽しけれ
いきていくなら
そんなものかな    行有

帰宅して
休みがくれば
やれやれよ
身も心にも
元気になれば     行有

清らかな
青空のもと
桜かな
もっときれいに
言わんばかりで    行有

和歌にある
山桜かな
時をこえ
もっときれいに
言わんばかりで    行有

穏やかな
ムードただよう
昼下がり
いきているのも
ほっとするほど    行有

いつになく
変な天気と
思いつつ
知らないうちに
季節はめぐる     行有



俳句九句 4月5日(土)


裏腹に
いつかどこかで
花は咲く      行有

花が舞い
心に届く
見事かな      行有

目にとまる
心にどこか
チューリップ    行有

三月や
終わりがきたら
あっけなく     行有

気持ちこそ
何か始まる
四月かな      行有

春めけば
どこもかしこも
明るいな      行有

ここにある
おもいが届け
桜かな       行有

めでたくも
見渡す限り
桜かな       行有

こころよく
桜散る風
むかえてる     行有


短歌十首 4月4日(金)


疲れたら
骨のずいまで
風呂かしら
良く寝れそうな
気分味わう      行有

穏やかな
お昼むかえて
ありがたい
帰路に着く頃
思い出しても     行有

風呂浴びて
適度な疲れ
ありがたき
一段落の
気分味わう      行有

仕事する
ほどよい疲れ
続いてる
体力気力
持てばいいけど    行有

山登り
いつの時にも
鍛えられ
いつにもまして
強くなるかな     行有

春めいて
かがやきをます
世界かな
心のうちに
負けてはならじ    行有

春雨や
家の中にて
一休み
神がいるかな
身も心にも      行有

横たわる
心に宿る
身分かな
ひたすらに我が
道を行くまで     行有

仕事して
貢献すれば
人生は
ささやかなれど
それでいいかも    行有

胸中は
どうしたいのか
わからない
募るおもいは
いきていくだけ    行有



<< >>
produced by ace