短歌と俳句と詩

[HOME]

2016年1月

俳句九句 1月30日(土)


一月の
話が進む
祈りかな        行有

富士宮
寒さをしのび
祈るかな        行有

日脚伸び
元気出てくる
祈りかな        行有

寒くても
熱い食べ物
楽しめる        行有

寒くても
本があるなら
楽しいな        行有

一月の
課題乗り越え
先を読む        行有

枯山の
思ひは巡る
我が身かな       行有

初笑い
悲喜こもごもの
我が身かな       行有

一月の
やりたい事は
目白押し        行有


短歌十首 1月29日(金)


一月の
やる事やれて
始まれば
なるようになる
言い聞かせてる     行有

富士宮
思ひ深まる
会話から
神様どうか
見守り給へ       行有

音楽の
心はどこか
うわの空
にもあらわれる
時を逃さじ       行有

可能性
広げるものは
本のみで
生きていけると
認識してる       行有

生理的
レジスタンスを
繰り返す
平和あるのか
認識あらず       行有

何事も
無きにあらずや
不平あり
いつまで続く
不法状態        行有

タコのまま
姿見せるよ
たまらない
姿あるなら
このままでいい     行有

相撲見る
父親居れば
我が方も
力が入る
中継かしら       行有

今週も
やる事やれて
是々非々で
思ひ残せば
金曜日のみ       行有

大相撲
琴奨菊の
勝ち名乗り
あと三日から
優勝目指す       行有


俳句九句 1月23日(土)


初春から
気合を入れて
走り出す       行有

一月の
色んな事が
形かな        行有

初空に
思ひを描く
雲かしら       行有

初雀
見える景色は
違ふかな       行有

初鳩に
思ひをたくし
願ふかな       行有

冬椿
くり返すまで
巡るかな       行有

初春から
越すに越されぬ
大井川        行有

島田から
七草粥の
ありがたさ      行有

梅と富士
はえるものなら
こだまする      行有


短歌十首 1月22日(金)


健康に
いられてこその
あゆみから
今年一年
幸せ願ふ      行有

何となく
心に春を
求めてる
不思議なほどに
いきているかな   行有

島田から
元気をもらう
空ありて
笑ふ門には
福来たる      行有

大井川
吹き下ろす風
強くなる
負けてはならぬ
我が身あるかな   行有

鍋奉行
役目をこなす
元気から
あしたに向かう
心あるかな     行有

鍋にして
スタミナついた
元気から
あしたに向かう
心あるかな     行有

計画の
課題をこなし
横になり
あしたにのぞむ
思ひあるかな    行有

乗り越えて
あしたにつなぐ
心から
何とかなるや
言い聞かせてる   行有

診察に
報告のみが
関の山
元気あるなら
それでいいかな   行有

慎ましく
素朴な気持ち
大切に
愛があるなら
それでいいかな   行有


俳句九句 1月16日(土)


三が日
健康こそが
大事かな       行有

旧年は
やるだけやって
腹こわす       行有

一月も
何とかなるさ
言い聞かす      行有

初景色
拝む祈りは
元気かな       行有

初詣
救われるまで
繰り返す

四日から
元気を出して
気合かな       行有

年賀状
元気な様子
うかがえる      行有

去年今年
振り返りつつ
先を見る       行有

初富士も
めでたく見えて
えり正す       行有


短歌十首 1月15日(金)


新春は
健康こそが
大事かな
そんな思ひが
ふくらんでいく    行有

じっとする
朝方ありて
この世にも
ある限り良く
いきているかな    行有

登り坂
息を切らして
下り坂
スイスイと行く
景色あるなら     行有

最高と
あなたが言えば
最低と
私が思ふ
その繰り返し     行有

正月の
色んな思ひ
よぎりつつ
仕事にのぞむ
我が身あるかな    行有

冬休み
終わるものなら
気合入れ
始まるものを
祈り捧げる      行有

我が部屋で
疲れた身こそ
たそがれて
あしたを思ふ
元気あるかな     行有

人生は
夢を持つなら
バカにされ
ありえないほど
突き進むかな     行有

考える
詰将棋から
読みながら
頭を使ふ
体操してる      行有

新年も
普段通りに
進み行き
健康あれば
順調かしら      行有


俳句九句 1月9日(土)


我が身こそ
新たに目指す
年歩む         行有

金柑に
元気をもらい
笑ふかな        行有

蜜柑から
今日一日
元気かな        行有

年の暮に
本を読みつつ
待ち望む        行有

年深く
作戦会議
心あり         行有

心から
いよいよかしら
大みそか        行有

元旦の
時を刻むと
走り出す        行有

正月の
あいさつからは
元気かな        行有

新年は
本があるなら
なせばなる       行有


短歌十首 1月8日(金)


何事も
年の瀬せまり
もう少し
未来のとびら
開けてるかな       行有

年末も
何も起きない
願いあり
不思議なほどに
恐れてるかな       行有

年賀状
送り終えたら
ほっとして
今年一年
夢のようなり       行有

あらためて
課題の残る
一年も
色々ありて
感無量かな        行有

年の瀬も
過ぎゆくものは
極まれり
新たな世界
待ち望むかな       行有

年深く
未来を思ふ
我が身から
力の限り
ありがたきかな      行有

新年を
大みそかから
祈るうち
正月こそは
やってくるかな      行有

行く年を
感謝あるなら
来る年も
感謝するなら
おごそかかしら     行有

正月は
体調くずす
我が身とて
行く先々は
思ひやられる      行有

正しさを
求めるよりは
損か得
話にならぬ
くだらなさかな     行有


俳句九句 1月2日(土)


冬至から
希望を胸に
ちかうかな        行有

あらためて
嫌な思ひも
年忘れ          行有

出勤の
駅のホームで
日向ぼこ         行有

簡単に
解決出来ぬ
聖夜かな         行有

いつまでも
解決出来ぬ
クリスマス        行有

クリスマス
キャンドルかかげ
あはれかな        行有

橋渡る
冬の川から
祈るかな         行有

年惜しみ
山登り終え
安堵かな         行有

山眠り
日本列島
静かかな         行有


短歌十首 1月1日(金)


箱根から
今年一年
ありがとう
お参りすれば
しまるものかな      行有

つり橋の
めずらしさこそ
めでたける
行列ありて
景色あるかな       行有

師走にて
雑務をこなし
おごそかに
むかえるものは
期待あるかな       行有

年末は
行く先々が
しまるかな
色んな事が
証拠のように       行有

昼間から
元気あるなら
仕事して
一つ一つを
こなすものなり      行有

夕食を
買って帰ろう
思ひつつ
計画立てて
こなすものなり      行有

朝になり
始まるものは
本ありて
電車の中で
思ひが募る        行有

コンビニの
野菜の力
借りてから
仕事に向かう
心あるかな        行有

人知れず
クリスマスから
覚悟して
計画立てて
新年かしら        行有

聖夜から
年月かけた
憂ひあり
かへすがへすも
うらめしやかな      行有



<< >>
produced by ace