短歌と俳句と詩

[HOME]

2017年4月

短歌と俳句 4月28日(金)


短歌十首


気がつけば
沼津歩いて
サクラあり
心に浮かぶ
人生かしら    行有

やれるだけ
やる時間あり
楽しみは
健康ならば
正しいかしら   行有

プログラム
格闘すれば
夢の跡
山となるまで
人生かしら    行有

人生は
いつまでやれば
すむかしら
何があっても
文句タラタラ   行有

人知れず
雨の降る中
耐えしのび
やがて来るはず
日本晴かな    行有

色々と
仕事の悩み
わかちあい
いきるものなら
人生かしら    行有

やれやれと
ノルマをこなし
帰るなり
どうなる事か
問題だらけ    行有

うかばれぬ
おもいとともに
日が過ぎる
精進のみが
先に立つなり   行有

いつまでも
なるにまかせた
日を送り
一歩一歩の
あしたあるかな  行有

やれやれと
体を休む
家の中
心に決めた
あしたあるかな  行有


俳句六句


可憐にも
母が残した
山桜       行有

可憐にも
忘れた頃に
八重桜      行有

気合かけ
やる事やれば
四月なり     行有

春深く
計画立てて
気合かな     行有

春ゆけば
なごりをすてて
気合かな     行有

春暑く
散髪すれば
スッキリよ    行有

ツツジあり
伊豆長岡の
空かしら     行有

イチゴあり
たわわに実る
笑顔かな     行有

人生に
歩き疲れて
ツツジあり    行有


短歌と俳句 4月21日(金)


短歌十首


雨の中
家の中にて
雑務あり
春にこそある
明るさ胸に    行有

愛のある
愛にこたえて
愛がある
愛のやりとり
愛となるかな   行有

汗流す
湯の国会館
くつろぎ
頭の中は
あしたに続く   行有

サクラ咲く
勢い胸に
刻むなり
どこどこまでも
走り出すかな   行有

サクラ咲き
ソワソワしてる
通勤に
じっとするまで
読書あるかな   行有

サクラある
春のおとずれ
めでたくて
忘れた頃に
走り出すかな   行有

読書あり
元気なしるし
さえわたり
夢が持てたら
前を向くかな   行有

英語から
頭悩ます
生活に
元気あるまで
一日かしら    行有

春雨に
はっきりしない
あたたかさ
サクラを拝む
気持ちあるかな  行有

春なのに
元気あるのか
問いかける
サクラあるのも
ウソのようなり  行有


俳句九句


花のある
湯の国会館
の風呂よ     行有

たどり着く
湯の国会館
の花よ      行有

あたたかく
湯の国会館
のんびり     行有

悲しさも
心にしみる
サクラ色     行有

サクラ散り
覚悟を決めて
いざゆかん    行有

山崎の
花見のキオク
笑顔あり     行有

サクラ舞う
おもいとともに
いざゆかん    行有

心にも
花吹雪こそ
おめでたい    行有

色々と
はじまるものは
四月かな     行有


短歌と俳句 4月14日(金)


短歌二首


新年度
展開読めぬ
たまらなさ
それでも進む
年月かしら     行有

書き写し
気分すぐれる
春かしら
奥の細道
旅のまた夢     行有

富士見えぬ
富士岡駅に
春そびえ
際立つものは
険しさのみよ    行有

気分こそ
富士岡駅に
置いてくる
もめる災難
腹立たしさに    行有

四月から
展開みせる
仕事から
私に何が
出来るものやら   行有

サクラある
ここまでこれた
春なのに
悲しみ深く
歩き出すなり    行有

時代こそ
追いつくまでに
工夫あり
待ってられない
時が流れる     行有

面白く
読書あるなら
元気あり
使えてこそは
有意義かしら    行有

いつまでも
気がすむように
日を送り
健康あれば
道があるかな    行有

仕事無き
道があるなら
良いけれど
生活すれば
仕方無しかな    行有


俳句九句


なんとなく
やってられない
四月馬鹿      行有

めでたさも
桜餅から
気合かな      行有

四月あり
何を求める
年月よ       行有

春あれど
のりこえるもの
多すぎる      行有

気がつけば
花がちらほら
期待あり      行有

春目指す
富士岡駅の
道中よ       行有

花あれど
雨の中から
おもいあり     行有

サクラから
心の奥に
見事かな      行有

菜の花の
黄色い姿
目に残る      行有


短歌と俳句 4月7日(金)


短歌十首


週末の
疲れ残して
横になり
展望開く
春爛漫よ     行有

あきれ果て
時が流れる
むなしさよ
サクラのような
記憶を残す    行有

鹿肉を
解体すれば
皮があり
部位を切り出し
めぐみあるかな  行有

うまきかな
ジビエ料理に
舌鼓
くさくもなくて
ヘルシーかしら  行有

春雨に
予定がくるう
休みあり
元気あるなら
それも人生    行有

春になり
いつまでやれば
いいかしら
あてにならねば
人生かしら    行有

春あり
湯の国会館
ゆっくりと
湯につかるまで
あたたまるかな  行有

雨あり
湯の国会館
人多く
春に期待し
のんびりかしら  行有

走り出し
雨にうたれて
帰るなり
新年度まで
あともう少し   行有

読書から
何かが出来る
期待あり
やがてどこかで
我が身あるかな  行有


俳句九句


山桜
めでたき時も
あるかしら    行有

登山客
あしどり軽く
山笑ふ      行有

あたたかく
元気なうちに
走り出す     行有

きらめいて
なんとも言えぬ
朝桜       行有

春休み
つられる先に
仕事かな     行有

利休忌に
侘び寂びめぐる
力かな      行有

春雨に
うたれて強き
心かな      行有

花のある
まぶたの裏に
見事かな     行有

春にある
けだるい朝に
気合かな     行有



<< >>
produced by ace