短歌と俳句と詩

[HOME]

2018年9月

短歌と俳句 9月21日(金)


短歌十首

遅々として
進展しない
雑務あり
作戦練るも
あしたを思う     行雨

なんとなく
やりたい事も
あまりなく
時間ばかりが
過ぎ去るかしら    行雨

横になり
冷静になる
秋の夜
展開読めぬ
元気あるかな     行雨

語らない
人生あれば
つまらなく
いきてるうちは
語るものかな     行雨

やりつくし
なるようになる
秋の夜
色んな事が
不自由かしら     行雨

何でだろ
誰もやらない
話なり
考えるほど
やりきれぬなり    行雨

新涼の
天気をよそに
歩いたら
蝶とトンボに
同時に出会う     行雨

虫の音に
どうでもよくて
横になる
ふりかえるほど
通り過ぎ行く     行雨

秋の夜
やる事終えて
虫の音よ
どうなる事か
展開読めぬ      行雨

我が部屋に
音楽流し
横になり
力をこめる
あしたあるかな    行雨


/*いつまでも*/
/*仕事ひかえて*/
/*歩き出す*/
/*なるようになる*/
/*思い重ねる*/

/*いつになく*/
/*慣れない仕事*/
/*ひかえても*/
/*覚悟を決めて*/
/*歩き出すかな*/


俳句九句


秋の蝶
三島の川で
たわむれる      行雨

ドンボあり
ぶつかりそうで
ぶつからず      行雨

秋気から
なんとかなるさ
言い聞かす      行雨

ブドウから
元気をもらう
こぶしあり      行雨

水澄んで
いつもながらに
顔洗う        行雨

秋雨に
一息入れて
日課あり       行雨

秋日和
元気がかなう
一歩かな       行雨

つかの間の
やる事ひかえ
夕月夜        行雨

秋草や
忘れ去られる
思いかな       行雨


/*あらためて*/
/*何かが出来る*/
/*秋日和*/

/*心から*/
/*自由求めて*/
/*秋の空*/


短歌と俳句 9月14日(金)


短歌十首


読書して
一段落の
秋の夜
なんとかなるか
自由あるのみ     行雨

横になり
どうにもならぬ
問題を
頭に浮かべ
どうするかしら    行雨

元気ある
やる事済めば
休みあり
横になるまで
色々あるさ      行雨

なんでだろ
予測不可能
話あり
次から次へ
続いてくなり     行雨

なんとなく
やりたい事も
あまりなく
それでも続く
日課あるのみ     行雨

仕事して
日頃の疲れ
たまり気味
二度寝するなり
潮時かしら      行雨

くだらなく
何を求めて
仕事あり
私に力
無いと知りつつ    行雨

御殿場に
ブルーベリーの
力あり
今年も来れて
感謝あるかな     行雨

秋雨の
心はどこか
しのびつつ
かけめぐるもの
果てしないなり    行雨

台風も
どうなるかしら
帰宅する
嵐の前の
静けさかしら     行雨


/*やれるだけ*/
/*やっておこうと*/
/*進むけど*/
/*成り行きまかせ*/
/*どこ吹く風よ*/

/*幸せは*/
/*自分でつかむ*/
/*ものなのに*/
/*他人まかせで*/
/*どうにもならぬ*/


俳句九句


夜長にも
元気を出して
一歩かな      行雨

秋草や
もうしばらくの
辛抱よ       行雨

天の川
どんな運命
たどるかな     行雨

にらんでも
秋雲の先
にあるかな     行雨

天高く
走り出すまで
一歩あり      行雨

銀河から
何を占う
知識かな      行雨

残り蚊に
やられてなおも
かゆいかな     行雨

秋の風
元気を越えて
くり返す      行雨

長き夜
どうなる事か
たくましく     行雨

/*新涼の*/
/*走り出す様*/
/*気合かな*/

/*ナシのある*/
/*希望を胸に*/
/*こぶしかな*/


短歌と俳句 9月7日(金)


短歌十首


残暑にも
秋のおとずれ
感じつつ
果てしない旅
うたかたの夢     行雨

台風も
過ぎてみないと
わからない
やる事やって
秋の夜かな      行雨

疲れても
時間をつぶす
土日あり
悲しさ胸に
秋の夜かな      行雨

土日こそ
なんとかなるさ
言い聞かせ
余韻にひたる
秋の夜かな      行雨

なんとなく
やりたい事も
あまりなく
あきれ果てつつ
日課をこなす     行雨

わたくしに
何かが出来る
機会あり
天にめぐまれ
感謝するかな     行雨

たまらなく
こんな問題
ふりそそぐ
いきているのも
不思議なくらい    行雨

あまりにも
こんな問題
つまらなく
続くものなら
不思議なくらい    行雨

なんとなく
展開読めぬ
我が身なり
それでも進む
仕事あるかな     行雨

仕事して
疲れて帰る
我が身なり
それでもどこか
読書あるかな     行雨


/*台風の*/
/*影響受けて*/
/*帰宅する*/
/*やる事あれば*/
/*文句無いかな*/

/*工夫して*/
/*過ごすものなら*/
/*楽しいな*/
/*そんなこんなで*/
/*一歩一歩よ*/


俳句九句


秋の草
格闘続く
苦労かな      行雨

終わりある
いつの間にやら
秋扇        行雨

不思議にも
食欲進む
唐辛子       行雨

二度寝する
空腹もあり
秋の朝       行雨

長き夜
何かが出来る
たくましさ     行雨

秋の色
探し求めて
進むかな      行雨

白秋の
雨にやられて
歩くなり      行雨

目をつけて
ブルーベリーに
感謝かな      行雨

秋めいて
なんにでもなれ
たくましく     行雨


/*夜長から*/
/*元気をもらう*/
/*たくましさ*/

/*サンマから*/
/*父の元気が*/
/*工夫あり*/



<<
produced by ace