短歌と俳句と詩

[HOME]

2019年10月

短歌と俳句 10月25日(金)


短歌十首


いつかまた
父と二人で
再会す
冥土のみやげ
何があるかな   行月

通夜終わり
父の話で
昔あり
色んな事が
あるものかしら  行月

私には
問題無くて
続くなり
父の気持ちが
はかなくもある  行月

犯罪も
ほどほどにして
奴隷なり
バカの意識が
道理通らぬ    行月

いきるとは
何なのかまた
はかなくて
微妙な線で
成立してる    行月

時間かけ
何をやっても
つうじなく
やりつくすまで
むなしさ募る   行月

いきるとは
難儀なものと
指し示し
話通じぬ
むなしさばかり  行月

横になり
未来をおもふ
幸せを
何が足らなき
人生かしら    行月

少しずつ
やりたいように
過ごすだけ
作戦練って
仕事備える    行月

不当にも
追い詰められて
今があり
そこにも自由
必要かしら    行月

/*昼間から*/
/*テレビを見つつ*/
/*あらたまる*/
/*夢の架け橋*/
/*気持ち確かに*/

/*休日に*/
/*寝れるだけ寝る*/
/*すっきりに*/
/*活力求め*/
/*走り出すかな*/


俳句九句


台風に
待ったをかける
葬儀あり     行月

秋雨の
父の気持ちを
しのぶかな    行月

つまらなき
仕事ばかりが
残る秋      行月

台風で
家にいるまで
策をねる     行月

策をねり
のりこえるもの
秋の跡      行月

ゆく秋に
何でもなれと
身構える     行月

秋雨に
泣き濡れてなお
たえるかな    行月

秋の夜
一人静かに
我おもふ     行月

秋の朝
ゴミを出すのも
板につく     行月

/*悲しさも*/
/*たそがれるまで*/
/*秋の暮*/

/*秋のある*/
/*課題かかえて*/
/*一歩ずつ*/


短歌と俳句 10月19日(土)


短歌十首


秋の跡
おもう存分
横たわり
やれるだけやる
満足かしら    行月

横になり
疲れの残る
秋の夜
こたえはじめる
時が流れる    行月

のしかかる
圧力感じ
秋の朝
忘れた頃に
土日あるかな   行月

日課から
元気をもらう
毎日に
パズルのように
気分を変える   行月

こたえ無く
どうにもならぬ
時が経ち
いくらなんでも
無責任かな    行月

情けなく
いきることだけ
いきてても
楽しく無くて
くだらないなり  行月

富士市から
バラの公園
おとずれる
ベンチにすわり
話が進む     行月

商店の
出店ならび
歩きつつ
子供の笑顔
やきつけるなり  行月

いつまでも
なるようになる
言い聞かせ
時間が過ぎる
罪悪かしら    行月

日を刻み
色んな変化
いりみだれ
未来をおもふ
難しさかな    行月

/*問題が*/
/*起こってばかり*/
/*秋の跡*/
/*説明つかぬ*/
/*不安定かな*/

/*休みこそ*/
/*終わる果てには*/
/*仕事あり*/
/*どうでも良くて*/
/*続けるつもり*/


俳句九句


秋の空
おもひはめぐり
立ち上がる    行月

秋風に
のりつつ祈り
ふみしめる    行月

ススキにも
過ぎ去るものは
夢のよう     行月

父親の
影響受けて
秋の風      行月

父親の
言いたい事は
秋の空      行月

親父から
勇気をもらう
秋の跡      行月

秋の夜
父の話で
眠るかな     行月

なんとなく
語れきれなき
父の秋      行月

秋の夜
父の気持ちを
ひきのばす    行月

/*トンボあり*/
/*喪中のように*/
/*黒かった*/

/*ススキにも*/
/*目もくれずただ*/
/*歩くかな*/


短歌と俳句 10月12日(土)


短歌十首


体裁を
イチャモンつけて
仕事あり
労働者とは
ツライものだな  行月

不幸にも
おいしいところ
目にうつり
バカバカしくて
うんざりかしら  行月

今週も
仕事を終えて
休みあり
なるにまかせた
探し物かな    行月

無理の無い
計画立てて
備えあり
なるようになる
言い聞かせても  行月

悩みこそ
こたえ引き出す
ヒントから
問題多く
悩みつきなし   行月

大体の
やりたい事も
あまりなく
外国語だけ
気になる事よ   行月

つまらなく
無理を重ねて
今があり
頼りにならぬ
浮世の常よ    行月

楽しみも
そこそこにして
仕事だけ
やれやれ感の
格闘かしら    行月

気にしなく
仕事するのも
難儀なり
もっとまともな
仕事がしたい   行月

比べても
何にもならぬ
仕事なり
オリジナル無い
むなしさばかり  行月

/*父いれば*/
/*アドバイスある*/
/*気もしたり*/
/*それも無くなり*/
/*ただいきるだけ*/

/*はげましも*/
/*父ならではの*/
/*話にも*/
/*これでおしまい*/
/*元気にしてる*/


俳句九句


秋の風
のりにのっても
仕事あり     行月

月光を
見上げる気持ち
うったえる    行月

やや寒に
それでも続く
浮世かな     行月

十月の
平和をのぞむ
はかなさよ    行月

彼岸花
どうしてそんな
展開よ      行月

秋の日に
やる事多く
文句無し     行月

冬待ちて
身構えるもの
様々よ      行月

秋の日に
元気になれぬ
浮世かな     行月

秋風に
吹かれてなおも
吹かれてる    行月

/*秋の昼*/
/*ぐっとこらえて*/
/*じっとする*/

/*悲しみも*/
/*帰る頃には*/
/*秋の夕*/


短歌と俳句 10月4日(金)


短歌十首

あきらめて
自己修正す
理不尽に
追い込む仕事
おそろしきなり  行月

私にも
展開読めぬ
未来あり
それでも続く
秋の跡かな    行月

気の滅入る
いつまで続く
道中に
終わりきれなき
つまらなさかな  行月

作戦も
楽しくいきる
要因に
頭に浮かぶ
色々かしら    行月

秋の朝
ラクになるまで
横になり
色々文句
よみがえるかな  行月

掃除して
汗をかくなり
横になる
疲れを残し
忘れ行くまで   行月

夢のある
可能性こそ
大事なり
わけのわからん
能書き多し    行月

つまらなく
問題ばかり
持ち上げて
話にならぬ
能書き多し    行月

いつまでも
いつの時代も
無責任
仕事ばかりが
犯罪レベル    行月

夜長にも
問い続けるも
こたえなく
理不尽だけが
先に立つかな   行月

/*むなしくて*/
/*あきれるばかり*/
/*つらさあり*/
/*アテにならない*/
/*道中かしら*/

/*比較され*/
/*仕事させない*/
/*仕事場に*/
/*終わりが無くて*/
/*無制限なり*/


俳句九句


良夜から
エンジンかかる
読書あり     行月

九月から
なるようになる
風にのる     行月

楽しみも
そこそこにして
夜長あり     行月

難問の
自由求めて
秋うらら     行月

秋分に
あきれ果てるも
浮世かな     行月

肌寒の
しみる心に
問いかける    行月

秋の声
通り過ぎ行く
不思議かな    行月

風の色
様々なりて
山のよう     行月

沼津にも
秋のおとずれ
味覚あり     行月

/*いつまでも*/
/*時間を使い*/
/*九月尽*/

/*心から*/
/*虫にもまれて*/
/*さよならよ*/



<< >>
produced by ace