短歌と俳句と詩

[HOME]

2019年7月

短歌と俳句 7月26日(金)


短歌十首


セミの鳴く
夏本番に
めぐまれて
太陽あれば
ギラギラしてる  行月

苦労して
一息ついて
夏の夜
沈黙守る
あしたを胸に   行月

なきぬれど
かみしめるほど
いきるもの
にはつらいけど
雑務をこなす   行月

仕事して
三連休の
休みあり
思う存分
課題取り組む   行月

おひさんの
洗濯日和
垣間見る
明るさ願う
どこどこまでも  行月

薬飲み
眠たさ誘う
夜があり
いつの間にやら
朝が来るかな   行月

夏の朝
ゆっくりしてる
休みあり
宿題多く
のしかかるかな  行月

色々と
楽しんでやる
日々ありて
一歩一歩の
少しずつかな   行月

バスに乗り
買物してる
苦労にも
用が足りれば
物事進む     行月

何となく
やりたい事も
そこそこに
楽しくやって
記憶する夏    行月


/*たそがれて*/
/*進めば夏の*/
/*昼下がり*/
/*反省しつつ*/
/*あしたをのぞむ*/

/*本日も*/
/*対応しつつ*/
/*あしたあり*/
/*仕事が出来て*/
/*感謝するかな*/


俳句九句


七月の
やるべき事は
てんこもり    行月

夏にして
目覚める朝は
今何時      行月

冷房の
救われるもの
心かな      行月

蝉が鳴き
診察終えて
静まらぬ     行月

夏の昼
中央亭の
餃子あり     行月

夏にある
記憶残して
一歩かな     行月

蝉が鳴き
うなる心が
こだまする    行月

台風が
あちらこちらで
猛威なり     行月

七月の
取り返せない
記憶かな     行月

/*晩夏から*/
/*何でもなれと*/
/*続くなり*/

/*涼しさも*/
/*生きてる理由*/
/*探してる*/


短歌と俳句 7月19日(金)


短歌十首


何となく
やる事多く
目白押し
楽しみもまた
格別かしら 行月

汗かいて
一息ついて
夏の陣
どんな展開
あるものかしら 行月

我ながら
損得までは
力無く
行き着く先の
物事かしら 行月

どこまでも
あきらめきれぬ
無常あり
忘れるほどに
やる事探す 行月

気がつけば
やりたい事も
あまりなく
生きる意味とは
不可解かしら 行月

ちょこちょこと
前進しては
苦労して
うまくいくまで
くり返すかな 行月

休みから
元気をもらう
時があり
悲しみもまた
去来するかな 行月

過ぎてみて
色んな事の
休みあり
憂い伴う
それぞれかしら 行月

予想から
反するおもい
引きずって
ここまで来てる
前進かしら 行月

前を向き
工夫するまで
少しずつ
前進しても
後進しても 行月

/*横になり*/
/*休みを終えて*/
/*元気あり*/
/*少しずつでも*/
/*前進したい*/

/*仕事から*/
/*逃れられない*/
/*現状に*/
/*へこたれてなお*/
/*つまらないかな*/


俳句九句


万緑の
勢い押され
気合あり 行月

色々と
仕事に似合う
夏帽子 行月

昼寝する
暇こそ探し
土日かな 行月

何気なく
あおいでみれば
夏燕 行月

七夕の
気が遠くなる
願いかな 行月

七月の
前進胸に
一歩あり 行月

涼しさも
一息入れて
力あり 行月

暑くても
負けてはならぬ
気力かな 行月

何となく
課題進めて
夏籠 行月

/*梅雨にして*/
/*本を読みつつ*/
/*一休み*/

/*色々と*/
/*頭突っ込み*/
/*夏の陣*/


短歌と俳句 7月12日(金)


短歌十首


ひたすらに
やるだけやって
またあした
いつかどこかで
また会えるまで  行月

笑われて
本気で思う
時代あり
今までばかり
更新してる    行月

なきぬれど
打つ手が無くて
結果待ち
やる事探し
備えるものの   行月

人知れず
ぐっとこらえて
なんのその
仕事ひかえて
あきれるばかり  行月

くだらない
問題ばかり
迷惑で
どうにもならぬ
問題ばかり    行月

いつまでも
なんでこんなに
バカなのか
わけもわからぬ
迷惑ばかり    行月

つらくても
健康管理
大事なり
難しき道
続くものかな   行月

頭こそ
使う健康
体こそ
使う健康
それぞれかしら  行月

我知らず
他人の苦労
もてあまし
ベストを尽くす
日々送るかな   行月

父親の
元気が無くて
心配し
展開読めぬ
毎日かしら    行月


/*段々と*/
/*世界が見える*/
/*落ち着きに*/
/*感謝こそする*/
/*晴れ舞台かな*/

/*受け付けぬ*/
/*苦しさ過ぎて*/
/*晴れ渡り*/
/*未来を思う*/
/*天国かしら*/


俳句九句


汗かいて
やる事多く
日課あり     行月

前進の
元気残して
夏かしら     行月

そこそこの
仕事ばかりが
夏の跡      行月

何となく
アイスもなかに
いやされる    行月

麦茶にも
うるおうものが
力あり      行月

汗かいて
仕事が終わる
夜がある     行月

寝ぼけつつ
問い続けても
夏の朝      行月

五月雨や
じっとするまで
窓の中      行月

六月を
心行くまで
過ぎるかな    行月


/*頭には*/
/*父の嫌いな*/
/*蛇がいる*/

/*草むしり*/
/*くり返すうち*/
/*やれやれよ*/


短歌と俳句 7月5日(金)


短歌十首


しのぶれど
やる事残す
身の上に
少しずつでも
前を向くまで 行月

なきぬれど
仕事をひかえ
気合かな
ラクにもならぬ
ストレスばかり 行月

人知れず
頭を使う
機会にも
閉ざされたまま
未来うかがう 行月

中身無く
実現しない
徒労なり
そんな暇さえ
惜しいほどにも 行月

修善寺の
道をめぐるも
夢うつつ
ビールがきいて
焼き魚あり 行月

修善寺で
バスで帰るも
座席あり
天国のよう
文明開化 行月

休みこそ
過ぎ行く時間
ウソみたく
名残惜しさを
引きずるかしら 行月

人材を
うまく活用
してはこそ
回転しない
経済かしら 行月

どこまでも
やり続けても
こたえ無く
展開してく
毎日かしら 行月

面倒な
他人ばかりが
先に立ち
おいてけぼりの
無関心なり 行月

/*やれるだけ*/
/*やっておきたい*/
/*毎日に*/
/*気分は晴れて*/
/*なんとかなるや*/

/*七月に*/
/*気になる事を*/
/*済ましつつ*/
/*どうにでもなる*/
/*一歩踏み出す*/

俳句九句

雨蛙
ぬれた道にも
とびはねる 行月

アジサイに
再会果たす
祈りかな 行月

五月雨や
一歩一歩を
たえしのぶ 行月

散髪の
勢い胸に
梅雨かしら 行月

横になり
考えふける
夏の夜 行月

気合込め
歩き出したら
汗の跡 行月

心から
夏至にもめげず
一歩あり 行月

横になり
沈黙守る
夏の夜 行月

麦茶から
気合十分
元気あり 行月


/*七月の*/
/*あきらめどこか*/
/*覚悟する*/

/*七夕の*/
/*せつなさどこか*/
/*うわの空*/



<< >>
produced by ace