短歌と俳句と詩

[HOME]

2021年4月

短歌と俳句 4月9日(金)
短歌二首更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2021_4.html 


--->> 桜咲きもっと豊かなめでたさはあわれぬままくり返してく 行立 
--->> 何となく頑張り過ぎの富士をみてこたえるものは我が心かな 行立 
--->> いきるのも至難の業とおぼしめし桜散るまで見届けるかな 行立 
--->> 桜咲くめでたさどこか裏腹で覚悟を決めて前を向くかな 行立 
--->> 浮き世にも桜めでたき心ありぐっとこらえてまたあしたかな 行立 
--->> めでたくも新幹線の新車両説明受けて思ひ出すかな 行立 
--->> 桜咲きもっと静かに穏やかで語るものには心に残る 行立 
--->> 天国はどこにあるのかわからずに居心地悪きストレスばかり 行立 
--->> 桜舞う別れとともに一歩ずつ決意固める夢の跡かな 行立 
--->> なるようになればいいのにストレスでもっとまともな会話がしたい 行立 

/*覚悟から*/
/*忘れた頃に*/
/*八重桜*/
/*もっとまともに*/
/*まだまだあるさ*/

/*評価無く*/
/*仕事が続く*/
/*一歩ずつ*/
/*展開読めぬ*/
/*悪あがきかな*/


俳句九句更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2021_4.html 


--->> 春の夢さまよいつつも一歩ずつ 行立 
--->> 天国はどこにあるのか花に問う 行立 
--->> 花あれば忘れていたい浮き世かな 行立 
--->> 人知れず感謝を込めて花を見る 行立 
--->> 見上げつつ花めでたくも一息よ 行立 
--->> 惜しみつつ今宵限りの夜桜よ 行立 
--->> 花心通うものなら祈りあり 行立 
--->> 春にあるダイヤ変更あわただし 行立 
--->> 桜餅ほっとする間もお茶がある 行立 


/*待ちわびた*/
/*終わりを告げる*/
/*花吹雪*/

/*花が散り*/
/*終わってみれば*/
/*ウソみたい*/

短歌と俳句 4月2日(金)
短歌十首更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2021_4.html 


--->> 桜より待ちきれぬものラクならずわびしさ募るはかなさかしら 行立 
--->> 春なのに暗さばかりが先に立つどうにもならぬ定めと知りて 行立 
--->> 我が身には何も知らぬと思ひつつ流されている情報多し 行立 
--->> 評価無くいきられるものむなしくて自然状態そのものかしら 行立 
--->> 毎日の課題も多くどうしよう作戦立ててのりこえるかな 行立 
--->> 彼岸からお墓参りの祈りあり出来ることから我が道かしら 行立 
--->> 出来なくて原因もなく続けてもひとり立ちせぬむなしさばかり 行立 
--->> 疲れても勤労の義務背にしても努力のみだけ救われるかな 行立 
--->> 人選び同じみたいにいきるのも可能性無きつまらなさかな 行立 
--->> 自立して独立独歩あゆむなら民主主義こそ春の夢かな 行立 

/*人生の*/
/*定めと知りて*/
/*つまらなく*/
/*時間が過ぎる*/
/*裏返しかな*/

/*桜咲く*/
/*めでたさどこか*/
/*押さえられ*/
/*コロナウイルス*/
/*恐るべしかな*/


俳句九句更新 --->> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2021_4.html 


--->> 春雨に記憶のどこかよみがえる 行立 
--->> 続けてもひとり立ちせぬ淡き春 行立 
--->> 身にしみて勤労の義務春の跡 行立 
--->> 花が咲く一段落に一歩ずつ 行立 
--->> 悲しさも伴いつつも桜咲く 行立 
--->> めでたさは何があるのか桜咲く 行立 
--->> 菜の花の黄色どびこむまぶしさよ 行立 
--->> チューリップならんで咲いてごあいさつ 行立 
--->> 桜咲きここまできたかくり返す 行立 


/*見届けて*/
/*やがてどこかで*/
/*花思ふ*/

/*まぶたより*/
/*記憶たよりに*/
/*花思ふ*/


<<
produced by ace