散歩みち

バックナンバー

[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

2018年9月1日(土) 近況



我が回想録を追記

<<追記20180901
今日は午前三時頃目が覚めて30分位したらまた寝てしまった。
それで午前十時頃朝食をした。
二度寝だからありえるパターンかもしれない。
でも疲れもこの辺がピークかなあと思う。
知らず知らず疲労が蓄積している。
あんまり本人はそんなに感じていないけど体は正直である。
疲れはとれたようでとれていない。それがここ最近の状況である。

それから
録画を消化してそのあと俳句と短歌を作った。

昨日の話から
プログラムの仕事はどう思うか他人は興味ある気がした。
私自身そんなに集中しなければプログラムは出来るけど仕事となると別である。
40歳から定年までのプログラムの仕事出来るかあんまり自信がない。
四六時中考える気力と体力は若くないと出来ない。
よっぽどペース配分が良くないとありえない。
なのでそれなりに精神的にも体力的にも不安なのである。
それとプログラムで何が実現するのかというのも重要である。
興味のないプログラムやってても面白くない。
なんか興味のあるプログラムやりたい感はある。
仕事と割り切ればそれも人生だけど折角の人生なのにそれでいいのか私には疑問である。

そんなこんなで仕事選べる立場に無いのであんまり期待値ゼロである。

東京や神奈川行っても生活出来ても出生率は地方より低いらしい。
なので関東もあんまり期待出来ない気もする。
それなりに閉塞感を感じて生きている。
それでも努力するしか能がない。それが私に与えられた使命だと思っている。
でもここに来て問題は無くなって来つつある。
もうここまで来ると継続しかない気もする。
中年オヤジである。残された時間はもう半分かもしれない。
あるのは経験ぐらいしかない。それでも弟子はいないし申し出る人もいない。
私には何が先生なのかわからない。どういうのが先生なのかわからない。
それが弟子のいない理由かもしれない。
それでも子供が元気な姿を見るのは好きである。
子供が元気で希望がなくてどうするのかと思う。
私にもそんな風になるように努力したい。夢のある世の中にしたい。
そんな手前私がこんな暗い話するのは現状打破にある。
このまま暗くなって欲しくない。明るい方に前進すべきである。
若さがあればそれは可能だろうと思う。それが若さの特権である。
私もあるのは経験ぐらいしかない。若い時今の私は全然想像できない。
こんな事やっているとは思わない。
それでも今までの蓄積しかない。それを伝えたいけどなかなか難しい話である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180901end

Blogger

Facebook

2018年9月2日(日) 富士岡駅からJRさわやかウォーキング



<<追記20180902
今日は富士岡駅から御殿場駅までだった。
途中ブルーベリー狩りをした。
去年と二回目である。
傘使って最初歩いていたがブルーベリー狩りする時は雨はやんでいた。
御殿場線と歩いている時と昼食は良く二人で話をした。
それでどうにかなるわけでもないけど
それが現実だよなあとは思う。
それが他人には欠如している。
それを障害と言ったら解決する問題なのかと思う。
私には障害の意味がわからない。
日本語が通じないのを障害というのか物事を理解出来ないのを障害というのか
体が不自由なのを障害というのか
障害だけで片付く問題じゃあ無い気がする。
ほとんど障害で片付けるのは問題があり過ぎる。
そんな障害でも理解できる事があるの方がよっぽど大事である。

ほとんど現実感覚が欠如しているだけである。
それを障害と言ったらみんな障害である。
天才だけまともになる。
そんなんでいいのか問題あり過ぎである。
普通の人が受け皿にならなくて世の中が良くならない。
その普通の人が障害だなんて言ったら
みんな障害である。
そんなんで世の中動いていかない。

ほとんど教育の失敗からはじまっている。
そんな大人を作り出した責任は重大である。
私には無抵抗である。ただあるのは現実だけである。
その現実を受け入れられないのは私のせいではない。
他人のせいである。理想に埋没しているだけである。
そんな人を私はどうしようもない。
他人の理想が私を拒否する理由ってだけである。
その理想が完璧だったらいいけどそうじゃあない。
迷惑も甚だしい理想である。それがわからないから永遠に成功しない。
それを私がどうしようもない。
そんな迷惑な他人を救えるほど私には理想がない。
とにかく絶対私を許せないってだけである。
私はどうでもいいのに他人は許せないのである。
それも理想のためである。そんな事につきあわされて私はどうしようもない。
なんでそれが私に関係あるのかわからない。
私を不幸にさせているだけである。それで構わないと思っている。
結局水と油である。私としてはとりあわないぐらいしか対処出来ない。
会話の出来る人間じゃあない。それを理解してもらわないと私はいつも困る事になる。
それが私なりの正当防衛である。
会話の成立しない人間をこの世は作ってしまったのである。
本当に教育って恐ろしいものである。
理想で何とかなるものでもない反例である。
現実に直面する機会が少なすぎる事例だと思う。
つまり現実に逃げてきたという事だろうと思う。
リベラルにも保守にも理想と現実の葛藤は必要である。
それがないととんでもない事になる。

そんな事よりなんかいい仕事はないかと二人で話してた。
それで思いつく事もないけどそれが二人の理想と現実なんだろうと思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180902end

Blogger

三島SNS

2018年9月3日(月) 雑記



<<追記20180903
今日も仕事した。
明日は台風だけど今日は市役所をパスしてしまったから
明日市役所行く予定である。
かわりに夕食の買い物した。

あんまり気分は良くない。
それは幻聴のせいである。女の叫び声なんて聞いてどうしろというのか
私には理解出来ない。
日本語としては最悪である。私としては話が成立していない。
アラビヤの千夜一夜物語の方が私としては価値がある。
もっと話の出来る女はいないのかとストレスである。
そんな現状にイライラしてこっちが物語を語り出している。
そういう意味では世の中あべこべである。
私としてはもっと物語の語れる女の方がマシである。
古典に出てくる女の方がマシである。
それは男も同じだろうと思う。男が物語を語れば語るほど
魅力的な男性だろうと思う。
そんなことで物語としては女も男も変わらない気がする。
面白い話も出来なくて男と女はやってられない。
そう私は思っている。
そんな手前中身があればあるほど中身の濃い話が出来るわけである。
そんな事に深遠な自然があるわけである。
それなのに女の叫び声なんて聞いて私はどうしろというのかくだらない。
もっと中身のある話出来ないのかと文句たらたらである。
本当につまらないし面白くない。
もっと面白いし楽しいことはいっぱいある。それが私の本音である。
そんな話題を作れないからもてナイんだと思う。
真面目に生きてたらそういう話はいっぱいある。
それが私の人生になっているだけである。
そういう意味で男も女も性質はあるが同じである。
それが人間の中身である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180903end

Blogger

Facebook

2018年9月4日(火) 雑記



<<追記20180904
今日も仕事した。
台風の影響で仕事は午前中だけだった。
今日も市役所をパスした。
明日には行きたいなあと予定している。
大場駅で短歌二首作った。

今日の話は
エネルギーの話だった。
加速器のエネルギーはどうしているのか話題にならないとか
リニアモーターカーのエネルギーはどうなっているのかとか
全然マスコミは取り上げない。
結局庶民は利用出来ればそれでいいだけで原理なんてどうでもいいのである。
なんでそれが可能になっているのかなんて興味がない。
それが庶民らしい。
マスコミが一番悪い。手前勝手な情報しか流さない。
結局どこもどいつも都合が良ければそれで良い態度なのである。
問題の核心は闇の中である。
この前の日曜スペシャルの警察庁長官狙撃事件もそうである。
うまく利用して都合のいいように情報を流す。
オウムのせいにして問題は闇の中である。
来週も続編があるみたいなので結論は当分先だけど
本当に恐ろしい世の中やなあと思う。
事実なんてどうでもいいのである。
そんなんで仕事になるのか私にはチンプンカンプンである。
うまくいく確証はない。
それに引き換え確実な路線を行くのが科学である。
なんべんやっても同じになるまで繰り返す。それが科学である。
なので確証の得られない実験は科学と呼べない。
なので科学でないものは確証がない。
確証が取れるまで科学するのだからそれなりに挑戦はあるだろうと思う。
不思議なものへの挑戦があって確証になって科学になる。
それが庶民には関係が無いなんて世の中も末だなあと思う。
もうちょっとそういった溝を埋める必要がマスコミにあるはずなのに
みんな無責任体質である。
そういった手前科学とは何かってそれなりに哲学である。
科学じゃあないからとりあえずあり得ないと考えるのが科学者だろうと思う。
科学になって初めてあり得る話になる。
ともかくあり得ない話をしてもずっとあり得ないだけなのである。
なのであり得ない話を続けてもどうしようもないのである。
なので科学になるまで確認するしかないというのが現代だと思う。
それなのにマスコミは不毛な議論を続けて
問題の核心にせまらない。ご都合主義である。無責任である。
そして庶民は全く興味がない。もうちょっとこの状況をどうにかした方がいい。
庶民は正確な情報が欲しいと訴えるべきである。
とくに政治家はうまく人を使っているだけである。
もっと情報が欲しいと訴えるべきである。問題はナアナアになっている。
庶民が賢ければもっと問題の核心にせまるべきである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180904end

Blogger

Facebook

2018年9月5日(水) 雑記



<<追記20180905
今日も仕事した。
なんか掲示板を検索するのに時間がかかって苦労した。
その顛末をしるす。

超伝導と超電導調べてみた。
どっちも使われてるみたいだった。
私は変換したまんま使ってるみたいだった。
なんでこんなまぎらわしい漢字を両方使ってるのかと思った。
あんまり理由までわからなかった。
ある辞書だと
物理だと超伝導で新聞だと超電導だった。
超電導のメーカーのホームページもあった。
面倒な話である。
もっと使いやすいようにした方がいい気はする。
それでも私も日本の漢字に苦戦している。
面倒なのでひらがな使ったりしている。
パソコンも書けない漢字とかも変換する。
何か基準が必要な気がする。
どうしたら理解しやすいのか
それでも私なりに苦戦している。
やり過ぎではある。
それでも本人はどうしようもない。
やれることはやっておこう。
そうやって時間が過ぎていく。
それが私の日常である。

それでBloggerで検索すると
超伝導一回超電導一回だった。
今年の12月頃で三年目に入る。
動機はこのサイトのダウンを経験して
データの紛失に対処する一貫として初めた。
一応Facebookにも予備として登録している。
また「散歩みち」の掲示板も検索してみたら同じだった。
そんな事で色々コマンドを使った。google検索もやってみたけど出来なかった。
catコマンドで連結してnkfコマンドしてgrepコマンド使った。
まあこれはこれで十年ぐらいの掲示板のデータを集めた。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180905end

Blogger

Facebook

2018年9月6日(木) 雑記



<<追記20180906
今日も仕事した。
帰宅後少し草抜きした。
まだ残っている所がある。
暇を見つけてやりたい。

昨日のデータから少し宿題が残っている。
htmlデータのタグの中からデータを抜き出したい。
まあデータはいつまでもあるので
ゆっくりやりたい。
なんか昨日はゆっくり出来なかった。
なんか焦って色々試した。
それで時間がかかってしまった。
とりあえず結果は出たので一段落である。
何か目的の結果出ないと色々やってしまう。
それが昨日は悪い方に出てしまった。

昨日出来なかった事は今日取り戻した。
今から風呂入って
その後読書ののち夕食して
録画を少し消化する予定である。
帰宅後に木曜日と金曜日に少し読書をするのが今週の対策である。
これはこれであんまり暇がないような状態である。
やりたい事があるだけが私の取り柄である。

それでもなんかやり過ぎのような気もする。
ただあるのは自分の興味があるから進んでいるだけである。
この世界を理解せずなんにも面白くない。
それだけのために面白く生きていたい。
それだけが推進力である。それでもやり過ぎではある。
手当たり次第やっている。なんか仕事そっちのけである。
なんかそんな手前真面目に仕事することを世の中は考えた方が良いと思う。
それがデフレな原因のように思う。
不真面目がマトモで世の中が成立する気がしない。
この日本はどこも正義が成立しない。バカバカしい。
そんな状態が今も続いている。救いようがない世の中である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180906end

Blogger

Facebook

2018年9月7日(金) ツイッターより+8 雑記



短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 残暑にも秋のおとずれ感じつつ果てしない旅うたかたの夢 行雨 
---> 台風も過ぎてみないとわからないやる事やって秋の夜かな 行雨 
---> 疲れても時間をつぶす土日あり悲しさ胸に秋の夜かな 行雨 
---> 土日こそなんとかなるさ言い聞かせ余韻にひたる秋の夜かな 行雨 
---> なんとなくやりたい事もあまりなくあきれ果てつつ日課をこなす 行雨 
---> わたくしに何かが出来る機会あり天にめぐまれ感謝するかな 行雨 
---> たまらなくこんな問題ふりそそぐいきているのも不思議なくらい 行雨 
---> あまりにもこんな問題つまらなく続くものなら不思議なくらい 行雨 
---> なんとなく展開読めぬ我が身なりそれでも進む仕事あるかな 行雨 
---> 仕事して疲れて帰る我が身なりそれでもどこか読書あるかな 行雨 


/*台風の*/
/*影響受けて*/
/*帰宅する*/
/*やる事あれば*/
/*文句無いかな*/

/*工夫して*/
/*過ごすものなら*/
/*楽しいな*/
/*そんなこんなで*/
/*一歩一歩よ*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 秋の草格闘続く苦労かな 行雨 
---> 終わりあるいつの間にやら秋扇 行雨 
---> 不思議にも食欲進む唐辛子 行雨 
---> 二度寝する空腹もあり秋の朝 行雨 
---> 長き夜何かが出来るたくましさ 行雨 
---> 秋の色探し求めて進むかな 行雨 
---> 白秋の雨にやられて歩くなり 行雨 
---> 目をつけてブルーベリーに感謝かな 行雨 
---> 秋めいてなんにでもなれたくましく 行雨 


/*夜長から*/
/*元気をもらう*/
/*たくましさ*/

/*サンマから*/
/*父の元気が*/
/*工夫あり*/


<<追記20180907
今日も仕事した。
明日も出勤日である。
なので平日と同じである。
今月は29日も出勤日である。
そろそろ健康診断もしたいけど適当な日がない。
土曜日も雨ならいいけどさわやかウォーキングがあって
調整がつかない。
気になるのは血液検査の結果である。
6月か7月の血液検査は正常だったけど
今回もそうなるのか気になる所である。
肝臓の値と尿酸値が気になる。肝臓の値は最近であって
尿酸値の方は十代も高めだった。

なんか微妙に環境が変わっている気もする。
いい方向なのかはわからない。
それはそれで不安ではある。
だけど血液検査はした方が良い気はする。
何か排便の感じが今までと違う。
それが良いのか悪いのか誰も言わない。
一応医者に報告しているけどあんまりコメントがない。
健康診断の内科の先生ならなんかコメントあるかもしれない。
尿酸値の話も去年はしてくれた。
出来るだけ水分とって小便で流した方が良いと言われた。
肝臓は体重を落とせば良くなると言われた。
やっぱり健康診断した方がいいかしら。
何か対策と対応が出来る気はする。
それでも水分とって良く汗が出るようになった。
健康とは不思議なものである。
自分自身何か健康についてわけわからん感じでいる。
なんかそれだけでも中年かなあと思う。
あんまりいい人生ではない。
あるのは物理とプログラムぐらいかなあと思う。
人間関係は厄介である。あんまり信頼出来ない。それが私の実感である。
それが世相に出ている。真面目がバカを見ている。
もっとまともな仕事を考えた方が良いと思う。
なんか仕事でお互い牽制をかけている。それが知識の無い原因だと思う。
そんな事やっているから仕事する意味が無い。
知識を得るために仕事せなあ仕事する意味ない。
仕事するより読書している方がマシになっている。
そんなこんなでこの日本はガッカリである。
もっと仕事する意味を考えた方がいい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180907end

Blogger

Facebook

2018年9月8日(土) 雑記



<<追記20180908
今日も仕事した。
まだ短歌を二首作っていない。今日中に作る予定でいる。
あとは気になるのは読書である。
今日は出勤日で平日モードなのであんまり時間がない。
いつもの土日と違っててどうしようかあんまり考えていない。
今日中にやるか明日に持ち越すか微妙である。
そんなこんなで結局今日中にやりそうである。

そんなやりくりがあって明日になりそうである。
仕事もどうなるのかあんまり見通しはない。
真面目にやろうと思う仕事が大切だとは思う。
それなのに牽制のかけあい。責任の押し付け合い。
誰も知識を支配する奴がいない。
結局無責任な体制が作り出される。
もうちょっと全体を見渡せる仕事をした方が良いと思う。
結局局所的な仕事に終始している。
そんなんで仕事が楽しいのかと思う。
全体的な流れを知る仕事をした方が良いと思う。

仕事一つ満足した仕事が出来ない。
それがこの日本だと思う。
それがなんで私に関係があるのかわからない。
他人が悪いだけである。もっとまともな仕事するだけである。
それが全然出来ないから経済が停滞する原因である。
それがなんで私なんかが関係あるのか全然理解不能である。
もっと気楽に仕事したい。それが私の気持ちである。
淡々と仕事したい。それが私の仕事観である。
そういった毎日から何かが生まれると思っている。
あと残っているのは経験ぐらいしかない。
それから考えると全体的に考えている人が少なすぎると思う。
あんまりに無責任体制をくり広げ過ぎだと思う。
知識が無さ過ぎて考えるのをやめている。
教育の失敗である。どうしたらボトムアップ出来るのか真剣に考える時が来ている。
どうしてトップダウンしか可能にならないのか問題あり過ぎである。
結局権力思考とか権威思考しか生き残らない。
それが学校の先生にもあらわれている。
普通の人が学校の先生やらんとボトムアップにならん気がする。
そうやって経済も上から下目線である。
下から経済を上げようとする奴がいない。
普通の人が偉くなる世の中じゃあない。全体的に上が偉くなる世の中である。
そこまでくるとあきれ果ててる。
もうちょっと色んな事を普通の人が考えないとボトムアップにならない。
それがこの日本では実現不可能になっている。
結局考えが足らない。どういうのが先生なのか私にはわからない。
誰も尊敬できる先生は存在しない。なのに権力権威思考だけこの世に残っている。
それではいつになってもボトムアップは不可能である。
必要なのはどうやったらボトムアップが可能なのかである。
色んな事を深く考えないとありえない。
それが可能じゃあないからボトムアップは不可能なのである。
それが悲しい日本の現実である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180908end

Blogger

Facebook

2018年9月9日(日) 三島駅からJRさわやかウォーキング



<<追記20180909
今日は三島駅からJRさわやかウォーキングだった。
帰り際白滝公園付近で蝶とトンボに同時にあった。
途中で佐野美術館で広重と北斎展を見た。
東洲斎写楽もあった。東海道の江戸から静岡から名古屋三重付近までは確認できた。
三島も結構色んな構図があった。
他にも三島の屏風画があって
東海道付近だけじゃあなくて結構複雑な町並みを感じた。

その他には
赤富士もあったし神奈川の富士もあった。
なんか基本的に面白い絵をかいている気はした。
現代的にもっと面白いものを作れる気はするけど
それだけ難解になっている気はする。
そういう意味ではシンプルに面白いのかもしれない。

11時頃に三島駅に到着した。
そんな感じであんまり汗はかいたけど暑くなかった気はする。
イトーヨーカドー三島店で買物して昼食して帰った。
家についたのが12時半頃である。
13時頃に今日の短歌と俳句を終える。
大場駅とバスの中で俳句三句短歌一首作って
家の中で短歌一首作った。

正直言ってあんまり書きたい事もない。
それでも書いているのは私の無意識がそうさせる気がする。
それが可能なのは自分が自由に向かっているからである。
私の本音は他人もそうあって欲しい。そう願っている。
自由に向かっているうちに何か良いことがある。そう思っている。
それなのに権力や権威にしがみついている。
そんなの悪人である。善良な市民じゃあない。
それが世の中の実態である。それさえも気づかない奴がいる。
そんな闘争にあきれ果ててる。もっと自由を求める勇気が大切である。
なので進めば進むほどどうでも良くなる。
本来そうあるべきなのにどんどん悪くなってゆく。
私にあるのは無関係なだけである。
自由になれば自由になるほど自分は軽くなっていって飛んでいきそうである。
そういう活動こそ救われる。本人だけでなく他人もそうである。
私としてはそういう大人になって欲しい。
なのに引きずって人生を送っている他人に私はどうしようもない。
私にあるのは面倒なだけである。そんなのと関係ない人生が送りたい。
会話が成立しないのは面倒な話の何事でもない。
人間じゃあないのと違うかと思う奴がいる。私にはどうしようもない。
そんな事考えるより自由である。
それが世の中を救う。
それなのにどうしてそんなどうしようもない話をするのか不毛な議論である。
自由に生きれない人が文句言っているだけである。
そんな人を救えないというのが私の実感である。
面倒に面倒なだけである。よいしょしないと生きれない人が文句言っているだけである。
そんな人を私がどうしようもない。自分でどうにかして下さいしかない。
私にはいっさい無関係です。
だから自由を求める人だけが救われる。私はそう思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180909end

Blogger

三島SNS

2018年9月9日(日) 近況



<<追記20180909
今日はインターネットで調べてたら
制御棒って中性子で出来ていないようである。
なんかテレビで中性子棒とか聞いたから中性子で出来てると思った。
半減期は短いみたいだからおかしいなと思って
制御棒は中性子で出来ていないみたいである。
なんか中性子が核反応しないからトンネル効果をしないと言っているのか
そのへんが私によくわからない。
陽子どうしはプラスだから反発するけど
中性子同士だったらどうなんだろうと疑問である。

なんか今まで過去に制御棒について論じた事あったけど
それは中性子棒だった場合だから
間違っている事になる。
中性子はフェルミ粒子だから縮退するかもしれないし
エネルギー状態によって性質があるかもしれない。

大学の出たあとの話で私には正確な情報がない。
もうちょっとそういう物理の話ちゃんとした方が良いと思う。
なんかそれが本筋のように思う。
経済も政治も大事かもしれないけど
物理もプログラムも大事である。
それなのにその話から逃げているようにしか思えない。
ガツンと言える人が必要な気がする。

中性子捕獲に成功した時私は名古屋にいた。
その後三島に移り住んだのが2003年8月である。
それからどれだけ物理が進んだのか私は全然関知しない。
私が大学卒業の時1998年の時はトンネル効果を理論の人が言ってて
アメリカで研究費騒ぎの話を聞かされてた。
もうそろそろなんか物理の話を聞きたい気分である。

陽子と中性子の熱平衡状態は
電子と電子ニュートリノが関係しててその反応の質量差にc^2かけたエネルギーである。
そのエネルギーにあると陽子と中性子が交互に入れ替わる。
原子核反応も熱平衡状態のエネルギーがある。
それにさかのぼって
物質と反物質の熱平衡状態のエネルギーもmc^2である。
それで宇宙が三度まで温度が下がって物質優勢になっているのが今の宇宙なのである。
この世にあるのは物質だろうと思われる。
そんな話も相対論が変われば変わると思う。
色んな事がはっきりしてくると思う。量子論も変わる気がする。
なんか気分的に物理の話が聞きたい気がしてくる。
それだけで幸せがやってくる気がする。

なのに今まで音沙汰なしである。
それはそれでさびしい限りである。
着実に時代は進んでいる。それなのに原発が進歩しないのか私にはわからない。
やっている人は進歩すると思ってやっている気はする。
色んな情報をもとに判断せなああかん気はする。
本当に原発は進歩しないのか私には情報がない。それが私の本音である。

それでも明日は慣れない仕事をやる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180909end

Blogger

Facebook

2018年9月10日(月) 雑記



<<追記20180910
今日も仕事した。
カンバンの仕分けでたくさんあり過ぎてパソコン使って
なんとか一通りやった。
それでもわからないものもあった。
そんなこんなで慣れない仕事だった。
夕食の買い物して帰った。

昨日の話は技術的に可能かどうかより
科学的にどうなのかである。
人間的に科学的にどうなのかの方が未来に重い気はする。
本当は結合エネルギーにも言及したかったけど
原子核までしか私にはわからない。
素粒子までの結合エネルギーは知らない。
多分原発何基どころじゃあない気がする。
核反応で一番高いエネルギーは水素同士がくっつくエネルギーである。
それに比べてもっとエネルギーが高いはずである。
軽いものから段々と結合エネルギーが高くなり
そして結合エネルギーが一番高いのは鉄である。
それから原子核が重くなるほど結合エネネルギーが下がっていく。
ウランの崩壊エネルギーは水素同士がくっつくエネルギーよりは低い。
重たくして崩壊させるのは原子核が重くなるほど結合エネルギーが下がるためである。
その下がり方は水素から鉄の結合エネルギーの上がり方よりゆるやかである。
その結合エネルギーを上回るエネルギーで加速器でぶつけないと
原子核は崩壊しないし素粒子も検出しない。
その速度も温度換算出来る。素粒子を検出するのにエネルギーが必要なのである。
私はそんなエネルギーどっかからくるのと疑問である。
まあそんな事より科学の発展の方が大事な気もする。
それが人間のやる事だろうと思う。
細胞やら遺伝子も大事かもしれない。
だけど必要なのは総合科学だと思う。局所的に頑張ることも大事だし
総合科学も大事だろうと思う。
それが政治やら経済に影響していると思う。
あんまり個人の損得でなんとかなる話じゃあない気がする。
人間として必要なんだと思う。
私も大学院の頃原子核なんてやって何が楽しいか疑問だった。
本人たちは自分の興味本位で研究しているのだと思う。
決して損得で研究していない気がする。
企業活動としてはそこらへんが難しい世界なのだと思う。
そんなこんなで政治や経済が入りこむ余地があるような気もする。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180910end

Blogger

Facebook

2018年9月11日(火) 雑記



<<追記20180911
今日も仕事した。
昨日も一通り読書した。
今夜もする予定でいる。あんまり言いたいこともない。
色々最近物理の話の影響で思い出している。

大学院修士修了の頃は原子核理論も素粒子扱わなければ計算出来ない事言っていた。
それでも私の研究室は古典論だとボスが言ってて
原子核反応率から計算するパラメータは温度と密度である。
相対性理論も古典論だと言ってた。
それでも私には消化不良の部分があって時間が必要だった。
冷静に判断できる状態じゃあなかった。
それが大学院に残らなかった理由である。
2つ目は将来が暗かったからである。夢を追いかける勇気はなかった。
そんなこんなでここ四年間冷静に読書できている。
それが私の救いである。消化不良もようやく無くなっているように思う。
冷静に判断できる様になっていると思う。
不可解な幻聴は未だにあるぐらいである。
振り返ってみて世の中犯罪大国だなあとは思う。
過ぎ去った時間が犯罪だと思う。
その割に私は私で良くやってきたと思う。
それでも給料は低いけど自分なりに工夫してきたと思う。

そんな手前仕事で人生変わる気はしない。
ましてやお金で人生も変わらない。
一番大事なのは楽しんで生きるぐらいである。
色々好奇心で読書している。
最近は多方面で読書が一週間過ぎるようになってきた。
支えているのは好奇心ぐらいである。
何か私に出来る事ないかとそれだけで読書している。

女も女でそんなに読書したいのか私には理解不能である。
私としては女が何をしたいのかわからない。
自分で楽しく生きれないものを私が何の関係があるのかわからない。
そんなにもめて楽しいと思えない。
そんなのと関係ない人生が送りたい。
ただあるのはパラサイトだなあぐらいしかない。
そんなにラクして何が楽しいのかわからない。
私には不可解でしかない。そういう意味で人生皆平等だと思う。
なんにも女が得をする原因なんて存在しない。それが私の実感である。
あるのは工夫するだけである。それも出来ない人が問題を起こしているだけである。
なんか裏に悪い人がいるんじゃあないかと思ったりするぐらいである。
なんにももめる原因を感じないためである。
ただひたすらに工夫するだけである。それが出来ない人が抵抗しているだけである。
どうして工夫できないのか学校の先生に聞いて下さい。
私には無抵抗です。そんなこんなでもめて女が幸せになんかならない。
面白くない女がもめているだけである。そんなん自分の人生どうにかした方がいい。
私には一切関係ございません。それが私の本音である。

それでも明日はやってくる。
明日は新しい仕事みたいである。
ボチボチやりたい。
<<追記20180911end

Blogger

Facebook

2018年9月12日(水) 雑記



<<追記20180912
今日も仕事した。
今日は新しい仕事するつもりでいたんだが
結局今まで通りの仕事だった。
とりあえず三日続ける予定である。

あらためて冷静に考えても女のしたいことがわからない。
バリエーションのある料理がしたいのか
色んな所に行きたいのか
それぐらいしか思いつかない。
私じゃあ無くてもいいんじゃあないかと思ったりする。
なんか私じゃあないと困る事なんてあるかなと思う。
私には全然思いつかない。
私に出来る事は色々工夫するぐらいしかない。
それは私の場合であって女の場合じゃあないと思う。
そういう意味で人間皆平等だと思う。
一体私じゃあないと困ることなんてない気がする。
四十代の中年つかまえてやる事じゃあない気がする。
私じゃあ無くても問題は克服出来る気はする。
そうやって私は色々書き込みしているつもりである。
なんか私じゃあないと困ることなんて無い。
それが私の実感である。
私じゃあ無くても子供に夢を与えられると思う。
そういう風にイトーヨーカドーにいても感じる。
なんか私じゃあないといけない根拠なんて無いと思う。
勘違いしていると思う。それが子供の元気な姿みていると私はそう感じる。

それで女は何を実現したいのか幻聴聞いてても理解不能なのである。
日本語にならない。私にどうしろというのか理解出来ない。

あるとすれば女には何も出来ませんぐらいしか聞こえない。
そんな無責任な女を私がどうしろというのか私にもわからない。
自分でどうにかするぐらいしかない。
それをなんで私の問題にするのか迷惑もいいところである。

それで女は何をしたいのか本当にわからない。
自分でどうにか出来ませんぐらいしか感じない。
そんなの私にもどうしようもありませんぐらいしかない。
それでずうっと意味不明の幻聴を聞いている。
もうここまで来ると犯罪である。

もうちょっと自分でどうにかする方法を考えた方がいい。
それが私の実感である。
一体女は何をしたいのか私にはちんぷんかんぷんである。
果たして私じゃあなければいけないことなんて私には思いつかない。
こうやって書いている事を読めばみんな同じだと思う。
それでも私という根拠は私には存在しない。
それがわからない人が問題を起こしているぐらいしか思いつかない。
女はなんにもしませんというのが私の大問題である。
それが私の幻聴である。そんな迷惑な女を私がどうしろというのかわからない。
どうしようもありませんぐらいしかない。

それで女は何をしたいんだろうと思う。
平凡なのは
ただ生活できればいいぐらいしかない気もする。
それはそれで私の必要がない。
私じゃなければいけないことが思いつかない。
経験と知識はいっぱい書いてきたつもりである。
めんどくさくない生活なんて女に問題ありありである。
私の問題じゃあない。女に問題がある。
一体女は何がしたいのか私には思いつかない。
本当に意味不明で時間を使っている。それはそれで犯罪である。
どう考えても女に能力がないとしか思えない。
だってそんな損得勘定も出来ないからである。
もっと実現したいことから考えるべきだと思う。
それが私にはちんぷんかんぷんである。ただあるのはフィーリングぐらいしかない。
精神的な問題にしか思えない。私はそんなんで生きていない。
最後のおつりぐらいしかない。本当にめんどくさい。そういう女の問題である。
私の問題じゃあない。それで私は何が実現するのかわからない。
面倒に面倒を重ねて時間を使っている。まったく犯罪である。
それが私の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180912end

Blogger

Facebook

2018年9月13日(木) 雑記



<<追記20180913
今日も仕事した。
慣れない仕事だったけどなんとかこなした。
昨晩は読書出来た。
疲れて横になったまま寝てしまった。
心拍数と血圧と血中酸素はかり損ねてしまった。

太陽は水素とヘリウムで出来ている。
水素やヘリウムが元素合成して光を発している。
太陽の光の周波数でどんな元素で構成しているか判別出来る。
それは宇宙の星も同じである。
あとはある一定の距離からの光の強さで天体の大きさがわかるんじゃなかったかと思う。
当然天体が大きいと重力に対して核エネルギーが要求される。
あんまり大きいと短い時間で燃え尽きて星の一生が終わってしまう。
天体の大きさによっても星の終わり方が変わる。

そして今見ている宇宙の光は今の光ではない。
何光年離れていたら何光年前の光である。
今の光を見ようとしたら何光年待たなければいけない。
なので遠い光を観測すればするほど昔の光なのである。
それも重力波も同じである。何年かかる重力波なら何年前の重力波である。
なので遠いほど昔の光を今見れるわけである。

それなので探査機も結構時間差がかかる通信をしているはずである。
今通信してもタイムラグが発生する。
そういうシステムにしないとうまく動かない。

月の軌道もジグザグに動いている。
きれいな楕円じゃあない。
そういった手前色んな計算に誤差が生じている。
限りなく完璧目指して科学は進んでいるけど局所的に不規則な事があったら
科学の進歩に貢献できるだろうと思われる。

そういった手前こんな日本の経済も活躍の場ではある。
なんか局所的に不規則な所があるからデフレなのである。
だとしたらなんか画期的な物事のチャンスだろうと思う。
ちゃんとデータを見て何がこの日本の経済に何が起きているのか考えた方がいい。
そんな手前千載一遇のチャンスである。
それは門外漢な私でも感じる問題である。
何か私が不安なのは考えている人がいるようでいないことである。
それも仕事についても言える。仕事するようで仕事しない気がする。
誰がまともなのかが不明である。
何を持って価値とするかが難しい時代なのかもしれない。
それがゆらいでいるからデフレな気がする。
あんまり私が自信無いのも普通な現象のように思う。
そんな手前あきらめ感満載である。
なんかどうしようもない感じがする。それが私なりの私の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180913end

Blogger

Facebook

2018年9月14日(金) ツイッターより+8 雑記



短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 読書して一段落の秋の夜なんとかなるか自由あるのみ 行雨 
---> 横になりどうにもならぬ問題を頭に浮かべどうするかしら 行雨 
---> 元気あるやる事済めば休みあり横になるまで色々あるさ 行雨 
---> なんでだろ予測不可能話あり次から次へ続いてくなり 行雨 
---> なんとなくやりたい事もあまりなくそれでも続く日課あるのみ 行雨 
---> 仕事して日頃の疲れたまり気味二度寝するなり潮時かしら 行雨 
---> くだらなく何を求めて仕事あり私に力無いと知りつつ 行雨 
---> 御殿場にブルーベリーの力あり今年も来れて感謝あるかな 行雨 
---> 秋雨の心はどこかしのびつつかけめぐるもの果てしないなり 行雨 
---> 台風もどうなるかしら帰宅する嵐の前の静けさかしら 行雨 


/*やれるだけ*/
/*やっておこうと*/
/*進むけど*/
/*成り行きまかせ*/
/*どこ吹く風よ*/

/*幸せは*/
/*自分でつかむ*/
/*ものなのに*/
/*他人まかせで*/
/*どうにもならぬ*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 夜長にも元気を出して一歩かな 行雨 
---> 秋草やもうしばらくの辛抱よ 行雨 
---> 天の川どんな運命たどるかな 行雨 
---> にらんでも秋雲の先にあるかな 行雨 
---> 天高く走り出すまで一歩あり 行雨 
---> 銀河から何を占う知識かな 行雨 
---> 残り蚊にやられてなおもかゆいかな 行雨 
---> 秋の風元気を越えてくり返す 行雨 
---> 長き夜どうなる事かたくましく 行雨 


/*新涼の*/
/*走り出す様*/
/*気合かな*/

/*ナシのある*/
/*希望を胸に*/
/*こぶしかな*/


<<追記20180914
今日も仕事した。
週末で疲れがたまった。とりあえず三連休である。
夕食の買い物して帰った。

宇宙の光が遠いほど昔の光である話を昨日した。
それって初期宇宙が見れる可能性があるという事である。
それが重力波なのか解像度の優れた望遠鏡なのかさておき
チャンスがあることは事実である。
結構遠い天体にクエーサーがある。
ものすごいスピードで遠ざかっている。私はそんな話を聞くチャンスはなかったけど
辞典で調べて確認していた。
あとは銀河の渦巻きがどの半径でも一定の速度で回転している。
どっかになんか見えない物質があるんじゃあないかと問題である。
あと半減期に宇宙年齢以上の元素があるらしい。
それは宇宙年齢問題である。
あとは星の距離のはかり方も何パターンかあるらしい。
年周視差とか変光星とかがある。
ハッブル定数というのがあって宇宙が膨張している。
ハッブル定数を逆数にして単位を合わせると宇宙年齢になる。
膨張しているということは昔に戻れば縮小するわけである。
やがて特異点で消滅する。
それは本当は相対論のフリードマン方程式から出るのが一番妥当な年齢だけど
簡単に見積もればハッブル定数の逆数で出てくる。

こんな知識でさえ税金がかかっている。
それなりに競争もあったしそれだけ責任もあるんだろうなあと思う。
でも実験よりはそんなに費用はかかっていない気もする。
それだけにもっと理論家を増やしてもいいんじゃあないかと私は思ったけど
そんな風潮ではないらしい。
実験屋さんの方が費用はかかるし理論家より大人数である。
なのに理論家の風当たりは強い。
もっと大事にされてもいいんじゃあないかと私は思う。
結局皆自分の方がかわいいだけのように思う。
なので私としては好きにしたらええぐらいしかない。
結局自業自得である。もっと他人を大事にせんと自分も大事にされない。
私利私欲で敵味方にわかれても良いことない。
大事なのは科学である。人間ではない。それでも毎日同じ事を考えないと思いつかない。
正義が成立しなくても同じ事を毎日考える王道が必要である。
品位がどうとか関係ない。王道の先に解決がある。
解決のない品位なんてどうでもいい。
それだけ毎日考える王道があるかという方が大事である。
品位なんて考えてたら解決しない。それでも考えるだけの勇気と王道と生活である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180914end

Blogger

Facebook

2018年9月15日(土) 近況



<<追記20180915
今日は健康診断した。
まあ体重が重いよねという話になった。
ここしばらく気をつけてみようかと思っている。
それでも空腹に耐えられない気もする。
それでもやってみようと思っている。

相対論のフリードマン方程式について昨日書き込みをした。
このフリードマン方程式とは
相対論の重力方程式に四次元の球対称のモデルである。
開いた球対称と平坦な球対称と閉じた球対称が存在する。
この宇宙は限りなく平坦な球対称に近い。それが平坦性問題である。
平坦なのはこの宇宙の質量と関係している。
まあ私がこんな話をするのは一応フリードマン方程式が標準理論だからである。
フリードマン方程式によると開いているのと平坦のと閉じているので
膨張後の未来の宇宙は異なる。
それが十一次元になるとしたらまた話が違ってくる。
フリードマン方程式以外にも色々モデルがあって
点対称とか自転付きの点対称とかそれはそれで名前がある。
シュワルツシフト解とかカー解とか言われている記憶が少しある。

それでも今までの話が違ってきても
近似してどのくらい誤差が出るか吟味するだろうと思う。
その誤差が正しいのか間違っているのか標準理論のわかれ道である。
標準理論だから正確性がある方が選ばれる。
今までの話が無駄になることはあんまり無いと思われる。
無駄になるとしたら局所的に不規則な値になるエリアだろうと思う。
そんな対象を我々は知らなかったエリアである。
今までの情報の正確さはたもたれる。
無駄にならない。それが科学なのである。

どうも私は社会に受け入れてもらえない気はする。
私の責任じゃあないのに私の責任になっている。
私がどうのこうので解決しないのに私が問題になっているだけである。
私には無関係である。神様に文句言ってくれというような気分である。
私だけでどうにかなる世の中じゃあない。
そういう自然があってそういう事実があってそういう神様がいる。
それを私はどうしようもない。それが私でどうにかなる話じゃあない要因である。
それが私にとって他人を信じられない要因でもある。
人間がどうにか出来る話じゃあない。それが私の実感である。
なのに人間は抵抗している。無駄に無駄なのである。
もっと自然の声や地球の声や神様の声を聞くしかない。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180915end

Blogger

Facebook

2018年9月16日(日) 近況



<<追記20180916
今日は昼間父の車でイトーヨカドー沼津店で買い物して帰った。
途中富屋珈琲店で昼食した。
比較的ゆっくりする予定でいる。
昨日は録画を消化してAIのNHKスペシャルを見た。
何か科学にならん状況でAIと言えるのか良くわからんかった。
ただ便利ではある。良くも悪くも結果は出るのだから。

今日も放射線と吸収線ぐらいしか思いつかなかった。
ある原子にはある波長域の放射線と吸収線があらわれる。
吸収線といっても格子状の原子がある波長域を反射するのでその波長域が抜け落ちる。
それは高校の物理にも出てくる。2dsinθ=Nλと言う奴だったと思う。
格子状の原子は星にあるような温度があると吸収線と同じ波長域の放射線が発生する。
その波長域は原子ごとに異なるため
何の原子で出来ているか星間物質とか恒星の原子構成とか判明する。
可視光線の領域の波長が全部あると白くなる。
他にも赤外線紫外線X線とか様々な波長領域がある。
f*λ=cなので波長が決まれば周波数が決まり周波数が決まれば波長が決まる。

色々あっても
それで私が得をしているかは私次第である。
得になるように私が工夫している。それが無くて得にはならない。
なので努力次第ではある。それを文句言い出したら何事もうまくいかない。
ひたすらに私には無関係なだけである。それを文句言い出したら
自然の声とか地球の声とか神様の声ぐらいしかない。
私にはひたすら無抵抗である。そんなこんなで私みたいな人も稀有である。
状況が私だけでどうにかなるレベルを超えている。
私にあるのは健康的な精神ぐらいしか判断出来ない。
それに反すると私自身拒否しかない。もう問題はそこら辺ぐらいしか思いつかない。
それが私の障害から来るのか私自身わからないけど
たくましい精神構造でしか私が生き残れないからかもしれない。
問題はそんな健康的な精神が病んでいるとしかおもえない。
一体その精神の問題は私としては無関係でいたい一心である。
それより私は健康でたくましい精神に一票である。
本当に精神的に気味悪いぐらいしか問題が感じられない。
それを私がどうしたらいいのか思いつかない。それが本音である。
それと関係のない生活がしたい。それが私の実感である。
それが気味悪いのが面白いなんて悪趣味だと私は思う。
もっと気高い健康的でたくましい精神が必要だと私は思っている。
そうではなければ私は社会を失望する。そういう私がいる。
なのになんでそんなひねくれた精神が横行するのか私には全然理解出来ない。
そこらへんが上と下の違いのようにも思う。
そこを埋めないと上と下のままである。
全然優秀というのを理解出来ない原因のように思う。
私自身そんな上とか下のために生きていない。それなのに扱いがひどすぎる。
全然お互い世界を知らないと言うだけである。なのにズルズル私を引っ張り出す。
それだけで犯罪である。私はひたすらに自分の精神のために生きている。
それなのにそれさえ台無しである。ここまで来ると上も下も悪の巣窟である。
私はひたすらに健康な精神でいたい。他人の無理解がここまで影響している。
もうちょっと人にやさしい世の中になって欲しい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180916end

Blogger

Facebook

2018年9月17日(月) 近況



<<追記20180917
昨日は比較的ゆっくりした。
それでも読書を少しした。
今日も読書する予定でいる。
何となく資格をどうしようか考えている。
あんまり無理の無いようにやりたい。
なので当分先ではあるが
なんか資格ありきじゃあない気もする。
色々総合的に考えて複雑である。
それでも目標としてはありのような気もする。

個体物理学の上を終えて
ベクトル計算と複素関数論が今までと違った形で出てくる。
思わず物理の本を一冊買ってしまった。
それなりに対応にせまられた。
大学の一年の時ベクトルの本を買った。
そんなに大事だと思わず今まで来てしまった。
電磁気扱うのだから当たり前と言えば当たり前だよなと思った。
友達の苦労を知ったおもいはする。
色んな世界で複雑な事を感じた次第である。
私は私で悩んでた。
それがうまく行ったのはたまたまな気はする。
結果的に人にも助けられた気はする。
むろん私にも努力はあったし誰も気づかなかった。
それなりに哲学の勝利だし
そこまで時間がかかった。
それなりに読書してたというのもある。
考える余裕があったのもある。
結果的に人生に無駄は無い。
それが私の実感である。

不満があるとしたら
健康でいたいぐらいである。
それ以外は順調である。
なので気分はまっすぐ生きたい。
それが私の本音である。
それを妨げる理由なんてない。
それなのに健康については問題ありありである。
それぐらい私には権利があるように思えて仕方ない。
それがなんか不安要素ではある。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180917end

Blogger

Facebook

2018年9月18日(火) 雑記



<<追記20180918
今日も仕事した。
昨晩は読書出来た。
明日は慣れない仕事をする予定でいる。
それでもやるだけの事をやるしかない。

最近は三連休もあってラクをしている。
普通に二連休だと少し工夫がいる。
もうちょっと微調整が必要である。
iMacを使う時間が限られているためである。
それ以外は順調である。
7月8月を終えて
さわかやかウォーキングが始まったせいもある。
何か段々時間が足らない気もする。
それぐらい頑張っているという事のように思う。
自分としては時間が解決すると思っている。
そういう人生を送るつもりでいる。
なのに学歴や職歴は何事だろうと思う。
目標はもっと他にあるように思う。
それなのにエライえげつない世の中だなあと思う。
なんとなく私はあきらめ半分で競争社会とはこうやって形成するのかと思う。
競争が目的化してしまっている。そんなんより大事なことがあると思う。
残るのは頭の健康優良児ぐらいしかない。
それに気づいている人が少ない。それが私の実感である。
周りを見ればなんとなく私はそう思う。
そういう意味では観察眼も大事である。
予備校にいても同じである。ちゃんと他人が何をやっているのか見るべきである。
私は私で幻聴で暗記出来なかったけどそういう観察はしていた。
剣道で言う見取り稽古である。
剣道も色々知識があれば色々出来たなあと思う。
高校時代に良く時代小説を読んでいてあんな知識があったら何か出来たなあとは思う。

今の幻聴は最悪である。話にならない。つまらなさ過ぎである。
もっと話の出来る女はいないのかとストレスである。
そんな話も出来なくて美しいとかかわいいとかなんて論外である。
何か考え方がおかしい。
学歴職歴もそうである。もっとまともに話をする人になった方がいい。
私は私でそれに苦闘している。他人ももっと苦闘すべきである。
まともな話が出来なくて女と男は成立しない。
それが正直な気持ちである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180918end

Blogger

Facebook

2018年9月19日(水) 雑記



<<追記20180919
今日も仕事した。
慣れない仕事をした。
秋になって二日目で少し慣れたかなあ程度である。
なんとなく安堵した。それでもやるだけやるしかない。

子供の未来に夢が持てるのか少し複雑だった。
結局親が引っ張らなああかんのか子供を尊重してたらいいのか
両方あってもそれで成功するのか複雑である。
私自身私はまことに運が良かったとは思う。
それでもゆがんだ教育を考えると未来の子供は複雑である。
他人は全然アテにならない。
それで明るい未来は科学ぐらいしかない。
神の自然の力は人間の労力なんかものともしない。

この宇宙の元素の存在比率を証明するのが
元素合成プログラムの夢である。
ビックバンでは水素とヘリウムの存在比率を証明し
星は水素から結合エネルギーが一番高い鉄までの元素を作る。
超新星爆発で鉄より重い元素が作られる。
rpプロセスはプロトンナンバーが進む過程で
rプロセスはニュートロンナンバーが進む過程である。
この宇宙の元素の大部分は水素とヘリウムで出来ている。
そのため太陽もそんな構成になっている。
なんとなく中性子の話が聞きたいがあんまりそれを言う人がいない。
なんか雲をつかむような話なのかわからないけど
そこらへんに何かエネルギーのヒントがあるように思う。
私は私で国際問題考えるとエネルギー問題も難儀だなと思う。
あんまり解決しない方が良い気がしてそれも私の複雑な要因である。
それが私の運命となんか関係があるような気さえしてくる。
そんな微妙なバランスで私の運命も決定するような気がしている。
だけど全世界的にエネルギー問題は解決した方が良いに決まっている。
温暖化もそうだし足らないエネルギーもそうだし
ただ平和がおとずれるエネルギーであって欲しい。
そういう希望を持って時間が過ぎている。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180919end

Blogger

Facebook

2018年9月20日(木) 雑記



<<追記20180920
今日も仕事した。
一応目標に初めて達した。
明日も継続予定である。
疲れたには疲れたそれでも今週もあと一日である。

今日は赤方偏移について書き込もうと思っている。
ハッブル定数は距離に比例して天体が遠ざかっている速度に対する比例定数である。
なので赤方偏移は遠ざかっている天体は波長が青から赤にずれている現象である。
赤方偏移を近似するとドップラー効果になる。
ドップラー効果は高校の物理でやる。
逆に近づいていると赤から青にずれる現象である。
これは相対論的効果である。
なので元素の放射線も天体が遠ざかっていると実際の波長に対して赤の方にずれる。
なのでどのくらいの速度で遠ざかっているのかわかる。

他にはアインシュタインリングとかアインシュタインクロスとかいうのもある。
世に言う重力レンズである。
私は大学の頃ハッブル望遠鏡の写真でこれを確認した。
レンズの干渉縞のニュートンリングとかぶせている気もする。
もともとアメリカの一般人が考案してアインシュタインが計算したらしい。
当時はそんな事あるのか不思議だったと思う。
つまり誰も観測した人がいなかったんだと思う。
実際の現象として認識されるまで生きていなかったという事だと思う。
時代が追いつかない現象だったんだと思う。
ここまで時代に追いつかない事はたくさんあるだろうなあとは思う。
ちょうど大学にいた頃アインシュタインの没後だったか生誕だったかの企画があって
私もボスに言われてハッブル望遠鏡のリングとクロスを探した。

それぐらい宇宙には色んな天体があって
物理学の可能性がそこらじゅうに存在しているという事だろうと思う。
地球で実験と理論を重ね。それがそのまま天体として存在している。
宇宙の範囲は自然科学の範囲でもあり物理法則の成立する範囲だそうである。
それがそこらじゅうに色んな天体が存在する理由である。
それで地球が存在するのもなんか不思議な感じがする。
色んな天体の一つに過ぎないのにこんな自然の中に生きている不思議を感じる。
自分の存在も不思議だが地球の存在も不思議であり神でもいないと
納得いかない我々人間だなあと思う。
なんか色んな奇跡が地球にも人間にもあるような気がしてならない。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180920end

Blogger

Facebook

2018年9月21日(金) ツイッターより+8 雑記



短歌十首更新 ---> wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 遅々として進展しない雑務あり作戦練るもあしたを思う 行雨 
---> なんとなくやりたい事もあまりなく時間ばかりが過ぎ去るかしら 行雨 
---> 横になり冷静になる秋の夜展開読めぬ元気あるかな 行雨 
---> 語らない人生あればつまらなくいきてるうちは語るものかな 行雨 
---> やりつくしなるようになる秋の夜色んな事が不自由かしら 行雨 
---> 何でだろ誰もやらない話なり考えるほどやりきれぬなり 行雨 
---> 新涼の天気をよそに歩いたら蝶とトンボに同時に出会う 行雨 
---> 虫の音にどうでもよくて横になるふりかえるほど通り過ぎ行く 行雨 
---> 秋の夜やる事終えて虫の音よどうなる事か展開読めぬ 行雨 
---> 我が部屋に音楽流し横になり力をこめるあしたあるかな 行雨 


/*いつまでも*/
/*仕事ひかえて*/
/*歩き出す*/
/*なるようになる*/
/*思い重ねる*/

/*いつになく*/
/*慣れない仕事*/
/*ひかえても*/
/*覚悟を決めて*/
/*歩き出すかな*/

俳句九句更新 ---> wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 秋の蝶三島の川でたわむれる 行雨 
---> ドンボありぶつかりそうでぶつからず 行雨 
---> 秋気からなんとかなるさ言い聞かす 行雨 
---> ブドウから元気をもらうこぶしあり 行雨 
---> 水澄んでいつもながらに顔洗う 行雨 
---> 秋雨に一息入れて日課あり 行雨 
---> 秋日和元気がかなう一歩かな 行雨 
---> つかの間のやる事ひかえ夕月夜 行雨 
---> 秋草や忘れ去られる思いかな 行雨 


/*あらためて*/
/*何かが出来る*/
/*秋日和*/

/*心から*/
/*自由求めて*/
/*秋の空*/

<<追記20180921
今日も仕事した。
雨だった。夕食の買い物して帰った。
とりあえず三連休である。

いままで物理の話をして思い出していたら
大学の消化しきれない課題について述べようと昨日思いついた。
予定として箇条書きする。

1,プログラムについてCとかC++とかJavaとかShellとかWindowsアプリやデバッグ知識
2,外国語主に英語とかドイツ語
3,物理の未消化部分とエネルギー保存則について
4,憲法前文草案
5,自分の健康状態

私としては入試試験について悩んでたわけではない。
過ぎた話で自分の子供がいたら役に立てばいいかなぐらいしかなかった。
入試試験に悩むとしたら英語だけが欠落していた。
なので英語だけはどうにかせんといけなかった。
英単語を覚える方法は入試試験の時には頭にはあった。
だけどそれが幻聴で実行できなかった。
それを差し引いてももっとやるべき事がある気はした。
それで今までこんな形で続いてきた。
外国人に三回ぐらい英語で聞かれたのも動機になった。
私は私で英語に問題を感じた。
高校入試はなんとかなってたのも大きいと思う。それだけ経験をしてたから
どういうのが試験に出来るというのかは感覚としてあった。
いずれにせよ入試試験はズルイ人が多すぎる。
全然フェアじゃあない。そんな手前自分はだまっていようと最初思ってた。
それが公開するようにしたのは世相である。
そうしないと平和じゃあない気がした。
ズルイ人が勝つような世界に反抗したのである。
あまりに自分だけが良ければそれでいいという風潮はおかしい。
それが頭の善し悪しとどう関係があるのか私には理解不能である。
結局我慢できずに公開する羽目になった。
自分が良ければいいのは私もそうである。それが私には最後まで出来なかった。
正義が許せなくなったのである。
そういうわけであんまり私には入試対策とか花のある生活のような日課対策とかは
私には全然悩みのタネではなかった。
どうしたらこの不公平な世の中を変えれるかただそれだけだった。
だけどそれが一番の大事な部分だったように思う。
結局誰もそんな事考えていないのは考えているようで考えていない証拠である。
誰もまともに人生を考えていない。そういう帰結だと思う。
なのでくだらない世の中ではある。仕事もそうである。
誰がまともに仕事しているのか私にはわからない。
誰もまともに人生を考えていない。そういったつまらなさを感じて今まで来ている。
結局自分が考えざるおえなかった。それが素直な実感である。
なのであんまり他人は考えないものだというのが私の本音である。
いいところばっかりにしか目にいかない。それが世の中である。
そんな手前自分で考えた方が近道である。考えているようで考えていない。
そんなくだらない世の中だと私は思っている。
それだから他人が悩んでいたらもしかしたらチャンスかもしれない。
勝負強い性格とか忍耐強い性格とか私とは違うタイプである。
もっと個性的なタイプだとしたらそれはそれで哲学する意味はあると思う。
なんかいい考え方がそこにはあるかもしれない。
なので私の通ってきた人生から他人を導いてやりたい感はある。
全体的に私のことは以上で終了のように思う。
あとは他人がどうするかである。
まあ一応あと数日リストにある5項目をチャレンジしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180921end

Blogger

Facebook


[先月] [目次] [来月] [最新版] [トップ]

Akiary v.0.61