散歩みち

最新7回分

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2019年3月24日(日) 御殿場駅からJRさわやかウォーキング



<<追記20190324
今日は御殿場駅がスタートとゴールだった。
朝雪が残っていた。木から雪解けの水が落ちてきた。
何か春らしい日光と寒さが同居してた。

今週も傾向と対策を練った。
効率的な毎日を送りたい。
少し改善をはかるつもりでいる。
それは古文と英文の作文をスマホとパソコンの両方でやる。
そのため時間帯が変わる。
物理関係は通勤時にしようと思っている。
それ以外はいつも通りである。
何か最近は気が抜けている。
それが何となく気になる所である。
多分いつも通りじゃあないからのように思う。
先週と今週はイレギュラーだった。
来週からは軌道にのりたい。

他に気になるのは残業ぐらいである。
夕食の買物が難しくなっている。
あんまり時間が無い。
それでも何とか対処している。
なおかつ
リビングのパソコン使う時間もけずられる。
自分の部屋のiMac使おうかと計画している。
それは英文と古文の作文も同じである。

あとはあんまり変わらない。
のんびりゆっくりやりたい。
あんまり結果も気にしない。
野となり山となりである。
なんとでもなれみたいな気持ちである。
それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190324end

三島SNS

Blogger

Facebook


スマホのブログ<----つけたし


2019年3月23日(土) 雑記_take3



<<追記20190323
今日は九時過ぎまで寝ていた。短歌と俳句を作りながら横になってた。
日経新聞に書いてあった東大と阪大のAI講座と経済産業省の勉強会をネットで調べた。
なんか理工系の就職率ではなく採用率が悪いらしい。
そこら辺で少し誤解したが
私は私でひとごとではない。それで今日は仕事の話をしようと思う。

私も色々な仕事をやってきた。
時系列に言うと
B型の福祉事業所では一年半ぐらい農業体験をして
東芝テックの子会社に六年在籍し
A型の福祉事業所では五年目に入り
箱の組み立てとかゼリーのシール貼りとかヘッドホンのニット貼りとか
干物屋で力仕事とかタッパのラベル付けとか部品の看板の仕分けとか
良くもまあ真面目に仕事したなと思う。
結局そんな細かい仕事しか地方にない気はする。
もっと大きな仕事が関西か関東にある気はする。
東芝テックの子会社はポスのマイナーチェンジの開発は外注にやらせている。
ポスの本体の開発は東京でやっている。
その外注も何かセミナーがあってそれに参加しているらしい。
あんまり独力で何とかなる人は存在しない。
あえて本とe-learningぐらいである。それなのに障害者には厳しい。
即戦力しか求めていない。そこら辺が私にはバカバカしい。
自分で自分の首をしめている。それがIT産業の現実だった。
それなのにテスト自体もままならない現実があった。
機械を扱える人だけでも貴重だった。それなのにそんな知識でさえ特化されて
限られた人材しか使えないのは私には犯罪にしか思えなかった。
機械にはお金がかかる。それでもそれを使う環境でさえ限られている。
なんかそれだけでも特権階級のようにしか感じない。
何か当たり前の事が当たり前じゃあなくなっている。それが仕事のように思う。

なので自分で色々勉強出来れば仕事としては最強である。
それぐらい特権階級化している。その中に障害者がいるのは奇跡に近い。
そして私の場合バカバカしくなる。
今私が考える事は私が何をしたいのかという事である。
それを少し福岡で見つけた気がする。
今まで現状が見えてなかったのもあるかもしれない。
また何か物理の旅が始まる気はする。気長にやりたい。
そんな簡単にいかないはずである。そんな気持ちで新年度をむかえそうである。
私としては最後は総合力かなと思っている。
そのために仕事して日課をこなして俗世に生きている。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190323end

<<追伸20190323
今日は色々プログラムをやった。なんか色々苦労して
こんな事しても意味があるのか不明である。それが人間の不思議な所である。
それでも何か役に立つだろうと思って勉強する。
そんな手前人生そんなものかなと思う。
なんかやっているうちになんかやっている気がする。
それがわかってくれないのが悲しい。得になるからやっている気がしない。
それなのにもめている。私には不可抗力である。

https://sites.google.com/site/usingtools/

それでやさしさとか温和とか私にはチンプンカンプンである。
その前にやる事はたくさんあるぐらいしかない。
結局順番が逆なのである。それが私の実感である。
やさしいから温和だからやる事やるというより
やる事やるからやさしくて温和なのだと思う。
なのであんまり私にはやさしいとか温和が目的にならない。
それが私の本音である。でもそれを重要視するのは男じゃあなくて女なのだろうと思う。
私にはそれがあんまり関係がないというのが私の気持ちである。
なので他人の勝手であって私の問題じゃあない。
私だって平和でいたいだけどそれは本人の努力である。
それを他人に求める気はない。それが私の本心である。
そんなこんなでプログラムの件はこの辺で終わりにしてまた次に進むつもりである。
やるとしたらまた違うプログラムをやりたい。

一応メールのチェックをした。また今夜は日課を進めようと思う。
ボチボチやりたい。
<<追伸20190323end

Blogger

Facebook

2019年3月22日(金) ツイッターより+8 雑記



<<追記20190322
私自身あんまりやさしいと思わない。
人には温和だと言われるけど温和だと思わない。
そこには苦しさが横たわってる気がする。
可能性にはかけるけどそれにのめりこむと何がやさしいのかわからなくなる。
なので私自身あんまりやさしさとか温和とかチンプンカンプンである。
他人の可能性にもかけたいのが私の気持ちである。
だから他人を尊重する。他人の可能性を信じたい方である。
だからそういう他人の付き合いしか出来ない。
なので可能性が無くなったら他人の付き合いは無くなる気がする。
それが私の他人に対する心配である。
可能性も無く信用も無く友達にならない気がする。
もしかしてそれが成立したら日本国民は崩壊するだろうと思う。
自分の出来る事しなければ民主主義は成立しないからである。
まず日本国憲法が崩壊する。
それなのに仕事が出来ないとか勉強が出来ないとか運動が出来ないとか
述べても話は成立しない。
もっとこうすれば出来るよねぐらいが関の山である。
なので私自身がそんなにやさしくて温和なのかあるとすれば
他人の笑顔が好きだぐらいしか若い人見ててそう思う。
楽しい事をいっぱいしたい。それがやさしさなのか温和なのかこれはこれで戦いである。
そんな他人を受け入れるしか私には出来ない。
それが私に民主主義が成立しないのは無用の長物だからぐらいしかない。
私にはそれをどうする事も出来ない。神様に聞いてくれぐらいしかない。

それでも明日の朝はゆっくりする。
ボチボチやりたい。
<<追記20190322end

短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_3.html 


---> わびしさもいつまで続く憂鬱に気合をこめて日課あるのみ 行月 
---> やりきれぬ思いを胸に仕事あり過ぎ去りしもの健康かしら 行月 
---> 春光の気持ちはどこか先にありやってやろうと身構えるなり 行月 
---> 私にも何が出来るか唱えても悪戦苦闘問題ばかり 行月 
---> 天城から歩き疲れてしのぶけどなんとかなるさ梅を見ながら 行月 
---> 土日からやる事やってなせばなり健康祈る春をむかえる 行月 
---> 駿府城歩き疲れて電車あり落ち着く頃は家の中かな 行月 
---> つまらなきお金の話俗世ありそんなためにもふりまわされる 行月 
---> ずるずるとうまくいかずに今があり時を忘れて罪悪を知れ 行月 
---> 春のあるこんな展開いつもなり迷惑ばかり先に立つなり 行月 


/*福岡の*/
/*予定が終わり*/
/*帰るなり*/
/*定めと知りて*/
/*展開のぞむ*/

/*福岡に*/
/*思いを残し*/
/*やれるだけ*/
/*やってみようと*/
/*気合を胸に*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_3.html 


---> あたたかく何をやろうと願うかな 行月 
---> 三月の勢いどこかウソのよう 行月 
---> 春のある静岡市内城の跡 行月 
---> 春光の朝をむかえてくしゃみあり 行月 
---> 春めいて願いをたくす旅かしら 行月 
---> 春のある元気を胸に走り出す 行月 
---> 菜の花を車窓から見るめでたさよ 行月 
---> あたたかく色んなものが福岡よ 行月 
---> ぬくとくて元気出るまで旅の跡 行月 


/*ありがたく*/
/*春に誘われ*/
/*福岡よ*/

/*先輩の*/
/*笑顔はどこか*/
/*春にあり*/


Blogger

Facebook

2019年3月21日(木) 三島駅からJRさわやかウォーキング



<<追記20190321
今日は芦ノ湖の箱根がスタートとゴールだった。
あんまり歩くというより雨の方が大変だった。
今日も元気を確認と言った所である。
それでも多国籍の外人が多く和気あいあいだった。
そんな世界観を感じて世界が進むのかと思った。

それなりに課題を抱えて日が過ぎている。
それでも簡単に解決しない。
人生そんなものである。それでも考えないと思いつかない。
そこまでの過程はなかなか語りきれない。
私の関心がそうさせる気はする。
それがなかなか思うようなルートじゃあない。
不確定要素が多すぎる。
なのでそんな生活が毎日しかない。
それでもいい人生は送りたい。
それでも難しい。
でもそれが私を考えさせる気はする。

そして女の心は麻薬だなあと思う。
あんまりそれにひたりたくない。
もっとしっかりしたい。それが本音と言えば本音である。
なので話してみるまでわからないというのが率直な感想である。
なのであんまりコンテンツもなく話は展開しない。それが自分の立場である。
ありていに言えば中身そのものが問題であって私にはそれしか関心がない。
幸せとは他人がどうのこうので決定しないと思う。
ほとんど付随的な要素しかなくほとんど本人の問題だと思う。
なので私には不可抗力である。私は私で努力しているだけである。
なので協力でしかない。あとは本人の問題が大きいだけであり
私の問題にするには問題が大きすぎる。結局迷惑でしかない。
これ以上私にはいかんともしがたい。個別に努力するしかない。
幸せじゃあない人が問題を起こしているだけである。私には何の問題もない。
幸せな人は幸せでいれるってだけである。そうじゃあない人が固執しているだけである。
私にそれをどうしろというのかわからない。どうしようもないねえぐらいしかない。
結局今幸せじゃあない人が問題であるというのは私の問題ではない。
私の幸せは私が考える事であって他人は関係ない。
だから他人がそれで運命が変わる事はない。あとは他人の努力である。
協力はあっても他人の力が大きいのが他人である。

ともかく明日一日仕事である。
ボチボチやりたい。
<<追記20190321end

三島SNS

Blogger

Facebook

2019年3月20日(水) 近況



<<追記20190320
昨日は寝る予定が無くて横になってたら自然に寝ていた。
新幹線の疲れだと父親に言われた。
そのためスマホのブログは書き込み出来なかった。

https://ameblo.jp/wakkii-road/

井上靖の「しろばんば」を買おうか迷った。
何か自分の小説が年代順に何巻かあるらしい。
修善寺の時のウォーキングで母親の実家を通り過ぎたのが知るキッカケである。
なんとなくそんな事が私にもあるような気がしては躊躇している。
他に私もやる事あるだろうと思ったり思わなかったりしている。

明日は春分の日である。父に聞いたら自分の好きにして良いと言われ
歩こうかなと思っている。連れの状況次第で電話する予定でいる。
お金もいくらか予算以下に抑えたのでこのままやっていけそうである。
そろそろ四月からの事を考える時期に来ている。
定期代もそうだし目標もそうだし来期の予算もそうである。
あんまり計画が無いのもどうかなと思う。
それなりに計画立てて修正していかないと
ダラダラしてしまうキッカケになるかもしれない。
特に本の予算が私の中でネックである。それが上の小説を躊躇する原因にもなっている。
もっと計画的に戦略的でいい気がする。それが本の予算に存在しないのが不満である。
結局順番に終始している。

それでも今夜はさすがに時間はあるだろうと思っている。
相棒もあるけど録画を昨日確認したのであんまり心配する事がない。
まあ何事も作戦練って計画的で自己修正的でありたい。
それがプロジェクトじゃあないかと思う。
そんな本の予算でありたいのが私の本音である。
それが何となく不満な気分の今日この頃である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190320end

Blogger

Facebook

2019年3月19日(火) 近況



<<追記20190319
何とか帰宅した。私としてもこのままで良いのか考えさせられた。
アマゾンでボスの本を買った。
大学はあんまりこんな安穏とした生活とは別世界のように思った。
私のいた頃よりは発展してた。なので今までで良い根拠は無い気がした。

人工知能か専門かという判断も苦しい気がする。
だいぶ道にそれてきた気はする。
それでも道具としてはそれも無難な気もして判断が苦しい。
なので思いっきり遠回りか同時並行かぐらいしかない。

とりあえず思いっきり寝たい。
昨晩は寝付きが悪かった。興奮とアルコールのせいのように思う。
今日の新幹線の中で少しウトウトしてしまった。

少し中性子のホームページを閲覧してみた。
何となく中性子について色々話を聞きたい気がした。
それが目下の所の関心事である。とりあえずそこから明日から仕事である。
安定軌道にのることを祈っている。
なんとなく不思議に感じる事から始めるのが一番である。
それでも気長にやりたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20190319end

Blogger

Facebook

2019年3月15日(金) 短歌と俳句



短歌十首
http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_3.html

--->> やり過ぎの日常にありゆっくりと山となるまで時間がかかる 行月
--->> いつまでもわからぬままに時流れ一歩一歩の足跡残す 行月

--->> 三月もどうなる事かさいなまれ仕事が続く我が身あるかな 行月
--->> 春があり待ちわびるほどたまらなく色んな事がはじまるかしら 行月

--->> 謎めいて私に出来る道あれば通るものだと心得るなり 行月
--->> 天国はどこにあるのか見つかれずやってられない世間あるかな 行月

--->> 春雨の天気予報が当たるなり横になるなり元気をこめる 行月
--->> やれるだけやっておこうと本を読み次につながる願いをこめる 行月

--->> 夕暮れの一日終わる気持ちには明るさ戻る裏返しかな 行月
--->> 春雨の期待をこめて一歩ずつじっとするまでなんとかなるや 行月

--->> /*落ち着いて*//*生活したき*//*のぞみにも*//*争いばかり*//*うんざりかしら*/ 行月
--->> /*福岡で*//*やり残すもの*//*何かしら*//*浮かんで消える*//*計画かしら*/ 行月


俳句九句
http://wakkii.umu.cc/poem_road/2019_3.html

--->> 春雨にうたれて祈る傘の中 行月
--->> 春寒に負けてられない一歩かな 行月
--->> なんとなく春めく心元気あり 行月

--->> 卒業も明るい未来祈るなり 行月
--->> 狩野川の河津桜をめでるかな 行月
--->> あたたかく活動的な思いかな 行月

--->> 白梅のきらめく姿もう一歩 行月
--->> 春めいてどうにでもなる心あり 行月
--->> 三月の峠を越して元気かな 行月

/*アテもせず*//*通り過ぎれば*//*春かしら*/ 行月
/*つまらなき*//*春の俗世に*//*こたえなし*/ 行月

Blogger

Facebook



[バックナンバー] [目次] [トップ]

Akiary v.0.61