散歩みち

最新7回分

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2018年7月17日(火) 雑記



<<追記20180717
今日は診察日だった。
とりあえず市役所行って来た。
7月末までの雑務は終わった。

途中マルサンの本屋に寄って
中国語の本買った。韓国語も見たけどあんまり買いたいものがなくて
いま電子書籍見ているところである。
中国語は英語と比較している本を買った。
今日ダウンロードしてiTuneに取り込んだ。
面白くなくなったら最後は外国語かなと思う。

キッテル固体物理学入門の演習書があった。
3000円ぐらいした。ちょっと考えたけどとりあえず保留にした。
そんなに何がしたいという方針もないので
どんな事があるのか興味本位である。
あんまり真剣に学生の頃やっていないのかわからんけど
色々書き込みはされてて全く記憶にない。
あらためて自分の知らない分野を知った気でいる。
ちょっと妹にも説明できるかなあと思ったりもする。
そんな話をするしか私にはやりようがない。

あとはヘイズ統計の本があったけど
あんまりアマゾンで評価された本は一冊ぐらいだった。
ペラペラめくったけどそんなにわかりやすいとは思わなかった。
とりあえず別の本がアマゾンで買ったので
その方が正解かなあと納得はした。
昨日その本のソースコードをGitでクローンしてSourcetreeで取り込んだ。

一応雑務で熱海と伊東の花火の日程を印刷した。
私はあんまり見る気しないけど仕事の同僚が知りたいそうなので対応した。

フランス語も動詞の変化に対応しようとヒアリングしている。
ドイツ語は前置詞付近とドイツ語にふれるように努力している。
やっぱりドイツ語の方が慣れている気はする。
それでも段々なんとかなりそうな気もしている。
それが中国語と韓国語にあらわれている気がする。
そして最終的にアラビア語である。
これはこれで難解である。
なのであんまり時間はあればあるほどいい。

それでも明日は仕事である。
今日は幾分歩いて暑くて疲れた。
頭は元気だけど体がなまっている気はする。
暑くて仕事するのも難儀だけど干物屋で冷蔵庫の中出入りして仕事している。
それなりに疲れて帰るもそれはそれで健康かなあと思う。
いい加減この仕事他人が覚えて仕事した方がよっぽど世のためである。
いつまでこんなおんぶにだっこ続けるのかくだらない。
それでも健康だから続けている。
それが正直な気持ちである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180717end

Blogger

Facebook

2018年7月16日(月) 近況



<<追記20180716
今日は昼間買い物した。
ちょっと午前中にドイツ語とフランス語やった。
その他はUMLと固体物理学入門をやった。
昨日は少し数学と経済やった。

明日は診察日で有給休暇をとった。
行き帰り電車とバスで
午前中マルサンの本屋に行って午後診察するつもりでいる。
診察後は市役所に行く予定でいる。
一日で用が足りるかわからないけどそのつもりでいる。

今日の日経は超情報化社会が一面だった。
昨日と正反対である。
物理に限らず色んな事が情報化する。
日経の書いてる事だけが経済じゃあないのが気にくわないのか
タイトルはそうなっていた。
そんなの当たり前なのにそれが許せないようである。
そんな警告しても無駄だなと思う。
それが効果を上げるには神様も相手しなければいけない。
そんなに人間はえらくない。
ただ出来るのは神様に近づくぐらいである。
思うにまだ当分神様に遠のいていると思う。
やっぱり神様は必要である。
それでやっと神様に近づくというのが私の解釈である。

こんなに色々便利になって人間の脳力も上がって良さそうなのに
それが実現しないのは不思議なくらいである。
それが人間の問題になっているのかもしれない。
反グローバル化とかトランプ現象もその一つかもしれない。

私は私で古文に苦戦している。
目標は短歌で文語を使えるようにすることである。
そんな事する必要があるのかわからんけど
少し読み進めるとセンター試験の国語を思い出す。
国語も英語も半分ぐらいしか点取れなかった。
そうすると二百点損している。それが私の大学入試の敗因である。
幻聴で暗記が出来なかったのが主な原因だけど
果たしてそれが可能だったのか少し本を読むと不安になってくる。
そんなこんなで他人に意味が通じればそれでいい気もしてくる。
要するに何が必要なのかあんまりわかっていない。
そういう現状で人間の問題が横たわっている。
それが反グローバル化とかトランプ現象に見られる不満なんだと思う。
それはなんか成果物があっても問題を抱えたままのように思う。
結局神様が判断するしかないのであって人間はそんな役目はない。
よくわからんままに人間は進んでいて
結果は神様が作った世界の通りしかない。
人間にとって不可解ではある。それが人間の日常なんだと思う。
なので超情報化社会も同じ帰結なんだろうと思う。
こんなに情報があっても不可解なのである。
それを忌避してもそれが経済なんだろうと思う。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180716end

Blogger

Facebook

2018年7月15日(日) 近況



<<追記20180715
昨日は少し外国語やった程度だった。
今日も午前中フランス語をやった。
なんとなくまだ疲れている気はする。

今日の日経の新聞見て本当に学生に即戦力がいるのかと関心した。
それで私の今まで経過を考えてた。
深層学習もやりだしたのも今年のはじめであり
Pythonも去年ぐらいからであり
ベイズ統計もR言語をやりだしてから今年に入ってからである。
その間Javaの資格試験やUMLの資格試験をやったり
今年に入ってCommon LISPを読んだりHaskell読んだりGit読んだりしている。

人生やる事いっぱいあるなあとは思う。
それに数学も色々勉強することがある。
それで即戦力なんているんだと思った。
どんな勉強したら六年ぐらいでそんな奴がいるのだろうとは思う。
他にもC言語、C++言語、アルゴリズム、コマンド、Shellスクリプト、
ネットワーク、データーベース、並列処理、ハードウェア構成、
ホームページサーバー、メールサーバー、FTPサーバーとか他にも色々ある。
何かそんなに簡単に理解できるとも思えない。
私の場合学生の時、消化不良だらけである。

そんなにいっぱい理解できるとしたら
情報処理の本家本元しかない気もする。
でもどうもそれも不可能のような気がする。
でもそれが可能じゃあないとプログラムは作れない。
私はそんな情報処理の本家本元じゃあない。
情報処理の分家である。そのため追いつこうとするのがやっとである。

結構やる事いっぱいある。なので仕事してて解決する方が少ない。
結局必要なのは時間だと思う。
それは誰もが必要だと思う。
もうそろそろ時間が必要なのを認めてもいい気がする。
それなのに仕事ばかりしても脳力は上がらない。
労力の消化試合ばかりしている。
そうしてトータルで考えられる人になるのにどれだけ時間が必要なのか
見積もった方がいい。
そこから逆算して仕事した方がいい。
そんなに簡単に即戦力なんて難しい。
それぐらい知識は膨大である。
だって私自身が今もってやる事があるぐらいである。
そのため経済問題も難しいと思う。
まず世の中の現状を知る時点で難しい。
それを分析する知識が難しい。
あまりに知らない事が多すぎる。
それは情報処理自体をあてはめてもハッキリしている。
なので経済も何か森の中にいるようである。
そして私自身も森の中にいるように思う。
大概みんな森の中にいると思う。
見渡しのいい山の上にいる奴は珍しい。
それが私の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180715end

Blogger

Facebook

2018年7月14日(土) 近況



<<追記20180714
今日は少し午前中フランス語と読書を少しした。
昨晩は録画を消化しなかった。
連休もあってなんか気が進まなかった。
仕事で疲れてて今日も少し疲れている。
疲れ具合からすると明日明後日は大丈夫だろうと思う。

なんか可能性からかけ離れて社会から見離されている気はする。
それでも可能性にかけている。
そういう意味では執念だと思う。
なのでアウトローの生き方だろうと思う。
それでも生きるとは何かみたいである。

それだけにくだらない世の中が透けて見える。
権力思考の権威思考である。
それでもアテにならない。
そんな競争社会で成果が上がらない。
そのため私はサバサバしている。
読書して自己努力してた方がマシである。
私の環境も昔から比べたらかなりいい。
なのであんまり悲観していない。このままなるようになると思っている。
それでも自己努力するのは私が生きているからだと思う。

それなので仕事ももうちょっとやり方がまずいと思う。
どうやったら脳力が上がるのかという視点に欠ける。
なんか人材の資源を無駄に使い過ぎである。
労力イコール労働だと思っている。
日頃から考える習慣がない。
それで仕事を続ける気にならない。
そんなこんなで自分の時間を持つしか方法がない。
今の所成功しているけどこれからどうしたものか悩ましい問題である。
未来を占うのは難しいというのが実感である。
当面は時間が必要だけどそんなに待っていられる気もせずにいる。
仕事と同時並行でもいい気がしている。
それで私なりのビジョンが問われている。
なかなか難しいとは思うが良く考えたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180714end

Blogger

Facebook

2018年7月13日(金) ツイッターより+8 雑記



短歌十首更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_7.html … 


---> あばれても許せなくてもさけんでも女の事は迷惑ばかり 行雨 
---> 考えて実現してる思いこそ通り過ぎ行くうたかたの夢 行雨 
---> やりきれぬ思いはどこかそこそこに気合をこめて歩き出すかな 行雨 
---> やる事をやり終えてなお土日ありおもむくままにゆっくりしたい 行雨 
---> 色々と対応しても課題あり解決しない毎日かしら 行雨 
---> ゆっくりと物事進む土曜日に余韻にひたる疲れあるかな 行雨 
---> 雑務終え炎天下なり昼寝して仕事に備え健康管理 行雨 
---> あまりにも仕事にならぬ世間あり守られるべき権威ばかりよ 行雨 
---> 夏だからやってられない暑さあり元気求めてのぞみをつなぐ 行雨 
---> 元気無く疲れて帰る身の上に女の叫びいい加減なり 行雨 


/*読書して*/
/*一人ひっそり*/
/*夏の夜*/
/*元気あるなら*/
/*またあしたかな*/

/*なんとなく*/
/*お昼休みの*/
/*ひとときは*/
/*おもいはめぐる*/
/*別天地かな*/


俳句九句更新 ---> http://wakkii.umu.cc/poem_road/2018_7.html … 


---> 七月に浮かんで消える記憶かな 行雨 
---> 夏なのに負けてはならぬ思いかな 行雨 
---> どこまでもやるだけやって夏かしら 行雨 
---> 七夕の願いはどこか切ないな 行雨 
---> 草むしりやる気にこめた戦いよ 行雨 
---> 空蝉のいい加減のみたまらない 行雨 
---> あの蛙記憶残して池の中 行雨 
---> 台風の迷惑受けて雨模様 行雨 
---> ひと夏の記憶たよりに進むかな 行雨 


/*睡蓮に*/
/*人間重ね*/
/*あらたまる*/

/*夏燕*/
/*お前に何が*/
/*あらわれる*/


<<追記20180713
今日も仕事した。
昨日は少し録画を消化した。

今日はテストの話をしようと思う。
何か大学院受験の事を思うと他人を見てて
テスト自体が有言実行だと思う。

大学を出てからの
情報処理の試験を受けて試験で判断するしかないかと思ったりもする。
結局競争社会ではある。
競争に勝たないと満足な事も出来ない。
それは大学の頃にそう思う。

でも大学に出てからは
テストの弊害をもっと感じるようになる。
みんな考えることをやめている。
大学出てからの考えることの方が大事である。
それなのに考えが足らない。
テストなんてどうでもいいのである。
考える事をやめること自体学歴と職歴の弊害である。

競争して満足している。
それ自体犯罪に近い。
競争して成果を上げる視点が無くて何が競争だと思う。
そんな成果もなくて競争ばかりして考えをやめている。
ほとんど犯罪である。
麻原とやってることは同じである。
権力や権威に負けている。
それに対抗する考えもなくて人間やってられるかと思う。
そんな根性もなく考えが足らない。
そんならいっそテストやめた方がいいんじゃあないかと思う。

もっと社会に役に立つ人間になった方がいい。
それなのに競争を助長する事しか考えないのは犯罪である。
そんな人生を私は送っている。
もっと人間には大事な事がある。
そういう積極的な人間になって欲しい。
競争なんて長期的には全く意味がない。
それが私の社会の実感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180713end

Blogger

Facebook

2018年7月12日(木) 雑記



<<追記20180712
今日も仕事した。
昨晩は読書した。
今日は少し録画を消化するつもりである。

あんまり真面目に働いている人はそんなにいない気がする。
なので仕事について真面目に考える気にならない。
色々文句は言われるけど
だから他人はどうかというとそんなに大したことない。
今の仕事がどうのこうのというより
情報処理の仕事がそうだったからである。
そんなに即戦力の奴はいないということである。
だから私は裏切られた。返って時間がもったいないと思った。
だからそういう事のない仕事がしたい。
そんな手前一般就職が魅力的か考えるに
どんな人が働いているか分かる程度である。
それは魅力的かもしれないし私のように裏切られる場合もある。
そんな世界を少し見てもっと自分でどうにかしたい気になった。

そんな事を出来るのは大学で勉強したからだと思う。
あんまり大学も人があてにならないとは思うけど
設備は良かったんだと思う。
もっと授業もこうした方がいいんじゃあないかと思うけど
それなりに設備が良かったせいでそれに助けられた。

なので先生なんてあてにならないと思う。
それが障害者の私のような者にも障害者の若い者にも
一般就職が難しい原因なのだと思う。
役に立つような授業をしないせいである。
結局自分で勉強するしかない。
それで仕事しろと言われても嫌だぐらいしかない。
仕事のためより可能性の方が大事である。
なので極めて現実的な選択だと私は思う。

バカバカしい仕事のために人生を台無しにしたくない。
そんな事より楽しい事を見つけたくなる。
それは先生の可能性と全く同じである。
先生の責任である。もっと楽しい世界を示せないからである。
結局新たな世界に飛び込む以前に自己努力しかないのである。
それが私の第一感である。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180712end

Blogger

Facebook

2018年7月11日(水) 雑記



<<追記20180711
今日も仕事した。
昨晩は読書出来た。

バカはバカじゃあないとバカである。
みんなバカだと思うからバカである
みんなバカだと言うからバカである。
バカは本人が決める問題じゃあない。みんなが決める問題である。
なのに本人はバカじゃあないというそれが本当のバカである。

アホはアホじゃあないとアホである。
みんなアホだと思うからアホである。
みんなアホだと言うからアホである。
アホは本人が決める問題じゃあない。みんなが決める問題である。
なのに本人はアホじゃあないというそれが本当のアホである。

私には無抵抗である。
いくらやっても会話にならない。
無駄に無駄である。
要するに会話にならない時点でアホとバカである。
まともな仕事にならない。
それも会話のせいである。
こんな付き合いして仕事になったら奇跡である。
ひたすらに私には無関係である。

もうちょっとまともな会話してから仕事した方がいい。
レベルが幼稚園である。
全く理解出来ない。
集団行動からやり直した方がいい。

それも四十代でそんな問題を取り上げるなんてナンセンスである。
一体いつまで私はそんな低能と付き合う必要があるのかわからない。

みんなバカだと思っている。
みんなアホだと思っている。
まさに大正解である。
そして本人はバカとアホだと思っていない。
まさにバカとアホである。

一体そんな共通理解も生まれないで
私には無抵抗である。
私はまともな会話をする人と仕事したい。
それが第一感である。

今日は俳句六句に短歌一首作った。
明日あさってで短歌一首ずつ作る予定である。
会話が成立しない。結果が出ない。共通理解は無茶苦茶である。
こんな恐ろしい社会を作るバカとアホは人間として成立するのか理解不能である。
そんなんと関係のない人生を送りたい。
先生は間違っている。共通理解こそ人間の生命線である。
それがズタズタの人間関係なんて最悪である。教育の失敗である。
ただただそれだけである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180711end

<<追伸20180711
風呂に入って何かバカとかアホもそうだけど天才もみんなが決める事であると思った。
過ぎてみて天才かもなあと思うけど
それは私が決める事じゃあない気がした。
一応一般庶民として生きている。
そんな偉いようには生きていない。
色々やった事を考えても奇跡であって天才じゃあない。
私にも不思議である。なんでそんなに出てくるのかわからない。
こういうように生きればこうなるみたいである。
それだけやるだけやってるとこうなるみたいである。
なので可能性とはこういう事なんだろうと思う。
それはまぎれもない事実である。

そこまでやれたのは本を買う余裕があるからである。
時代に助けられている。
なんか本だけで社会につながっている。
それと端末である。昔と違って性能は格段にいい。
インターネット一つ夢のような事が起こっているみたいである。
そんなに可能性は上がっている。
成功する確率も上がっていると思う。
それなのになかなか日本で成功事例が上がらないのは
ウソみたいである。
なんかチャンスはあると思う。そう思って本読んだりパソコン使ったりしている。
そうやって可能性にかけるのは今も昔も変わらない。
ともかく明日に向かってGo!!!である。
<<追伸20180711end

Blogger

Facebook


[バックナンバー] [目次] [トップ]

Akiary v.0.61