散歩みち

最新7回分

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2018年9月21日(金) ツイッターより+8 雑記



短歌十首更新 ---> wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 遅々として進展しない雑務あり作戦練るもあしたを思う 行雨 
---> なんとなくやりたい事もあまりなく時間ばかりが過ぎ去るかしら 行雨 
---> 横になり冷静になる秋の夜展開読めぬ元気あるかな 行雨 
---> 語らない人生あればつまらなくいきてるうちは語るものかな 行雨 
---> やりつくしなるようになる秋の夜色んな事が不自由かしら 行雨 
---> 何でだろ誰もやらない話なり考えるほどやりきれぬなり 行雨 
---> 新涼の天気をよそに歩いたら蝶とトンボに同時に出会う 行雨 
---> 虫の音にどうでもよくて横になるふりかえるほど通り過ぎ行く 行雨 
---> 秋の夜やる事終えて虫の音よどうなる事か展開読めぬ 行雨 
---> 我が部屋に音楽流し横になり力をこめるあしたあるかな 行雨 


/*いつまでも*/
/*仕事ひかえて*/
/*歩き出す*/
/*なるようになる*/
/*思い重ねる*/

/*いつになく*/
/*慣れない仕事*/
/*ひかえても*/
/*覚悟を決めて*/
/*歩き出すかな*/

俳句九句更新 ---> wakkii.umu.cc/poem_road/2018_9.html … 


---> 秋の蝶三島の川でたわむれる 行雨 
---> ドンボありぶつかりそうでぶつからず 行雨 
---> 秋気からなんとかなるさ言い聞かす 行雨 
---> ブドウから元気をもらうこぶしあり 行雨 
---> 水澄んでいつもながらに顔洗う 行雨 
---> 秋雨に一息入れて日課あり 行雨 
---> 秋日和元気がかなう一歩かな 行雨 
---> つかの間のやる事ひかえ夕月夜 行雨 
---> 秋草や忘れ去られる思いかな 行雨 


/*あらためて*/
/*何かが出来る*/
/*秋日和*/

/*心から*/
/*自由求めて*/
/*秋の空*/

<<追記20180921
今日も仕事した。
雨だった。夕食の買い物して帰った。
とりあえず三連休である。

いままで物理の話をして思い出していたら
大学の消化しきれない課題について述べようと昨日思いついた。
予定として箇条書きする。

1,プログラムについてCとかC++とかJavaとかShellとかWindowsアプリやデバッグ知識
2,外国語主に英語とかドイツ語
3,物理の未消化部分とエネルギー保存則について
4,憲法前文草案
5,自分の健康状態

私としては入試試験について悩んでたわけではない。
過ぎた話で自分の子供がいたら役に立てばいいかなぐらいしかなかった。
入試試験に悩むとしたら英語だけが欠落していた。
なので英語だけはどうにかせんといけなかった。
英単語を覚える方法は入試試験の時には頭にはあった。
だけどそれが幻聴で実行できなかった。
それを差し引いてももっとやるべき事がある気はした。
それで今までこんな形で続いてきた。
外国人に三回ぐらい英語で聞かれたのも動機になった。
私は私で英語に問題を感じた。
高校入試はなんとかなってたのも大きいと思う。それだけ経験をしてたから
どういうのが試験に出来るというのかは感覚としてあった。
いずれにせよ入試試験はズルイ人が多すぎる。
全然フェアじゃあない。そんな手前自分はだまっていようと最初思ってた。
それが公開するようにしたのは世相である。
そうしないと平和じゃあない気がした。
ズルイ人が勝つような世界に反抗したのである。
あまりに自分だけが良ければそれでいいという風潮はおかしい。
それが頭の善し悪しとどう関係があるのか私には理解不能である。
結局我慢できずに公開する羽目になった。
自分が良ければいいのは私もそうである。それが私には最後まで出来なかった。
正義が許せなくなったのである。
そういうわけであんまり私には入試対策とか花のある生活のような日課対策とかは
私には全然悩みのタネではなかった。
どうしたらこの不公平な世の中を変えれるかただそれだけだった。
だけどそれが一番の大事な部分だったように思う。
結局誰もそんな事考えていないのは考えているようで考えていない証拠である。
誰もまともに人生を考えていない。そういう帰結だと思う。
なのでくだらない世の中ではある。仕事もそうである。
誰がまともに仕事しているのか私にはわからない。
誰もまともに人生を考えていない。そういったつまらなさを感じて今まで来ている。
結局自分が考えざるおえなかった。それが素直な実感である。
なのであんまり他人は考えないものだというのが私の本音である。
いいところばっかりにしか目にいかない。それが世の中である。
そんな手前自分で考えた方が近道である。考えているようで考えていない。
そんなくだらない世の中だと私は思っている。
それだから他人が悩んでいたらもしかしたらチャンスかもしれない。
勝負強い性格とか忍耐強い性格とか私とは違うタイプである。
もっと個性的なタイプだとしたらそれはそれで哲学する意味はあると思う。
なんかいい考え方がそこにはあるかもしれない。
なので私の通ってきた人生から他人を導いてやりたい感はある。
全体的に私のことは以上で終了のように思う。
あとは他人がどうするかである。
まあ一応あと数日リストにある5項目をチャレンジしたい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180921end

Blogger

Facebook

2018年9月20日(木) 雑記



<<追記20180920
今日も仕事した。
一応目標に初めて達した。
明日も継続予定である。
疲れたには疲れたそれでも今週もあと一日である。

今日は赤方偏移について書き込もうと思っている。
ハッブル定数は距離に比例して天体が遠ざかっている速度に対する比例定数である。
なので赤方偏移は遠ざかっている天体は波長が青から赤にずれている現象である。
赤方偏移を近似するとドップラー効果になる。
ドップラー効果は高校の物理でやる。
逆に近づいていると赤から青にずれる現象である。
これは相対論的効果である。
なので元素の放射線も天体が遠ざかっていると実際の波長に対して赤の方にずれる。
なのでどのくらいの速度で遠ざかっているのかわかる。

他にはアインシュタインリングとかアインシュタインクロスとかいうのもある。
世に言う重力レンズである。
私は大学の頃ハッブル望遠鏡の写真でこれを確認した。
レンズの干渉縞のニュートンリングとかぶせている気もする。
もともとアメリカの一般人が考案してアインシュタインが計算したらしい。
当時はそんな事あるのか不思議だったと思う。
つまり誰も観測した人がいなかったんだと思う。
実際の現象として認識されるまで生きていなかったという事だと思う。
時代が追いつかない現象だったんだと思う。
ここまで時代に追いつかない事はたくさんあるだろうなあとは思う。
ちょうど大学にいた頃アインシュタインの没後だったか生誕だったかの企画があって
私もボスに言われてハッブル望遠鏡のリングとクロスを探した。

それぐらい宇宙には色んな天体があって
物理学の可能性がそこらじゅうに存在しているという事だろうと思う。
地球で実験と理論を重ね。それがそのまま天体として存在している。
宇宙の範囲は自然科学の範囲でもあり物理法則の成立する範囲だそうである。
それがそこらじゅうに色んな天体が存在する理由である。
それで地球が存在するのもなんか不思議な感じがする。
色んな天体の一つに過ぎないのにこんな自然の中に生きている不思議を感じる。
自分の存在も不思議だが地球の存在も不思議であり神でもいないと
納得いかない我々人間だなあと思う。
なんか色んな奇跡が地球にも人間にもあるような気がしてならない。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180920end

Blogger

Facebook

2018年9月19日(水) 雑記



<<追記20180919
今日も仕事した。
慣れない仕事をした。
秋になって二日目で少し慣れたかなあ程度である。
なんとなく安堵した。それでもやるだけやるしかない。

子供の未来に夢が持てるのか少し複雑だった。
結局親が引っ張らなああかんのか子供を尊重してたらいいのか
両方あってもそれで成功するのか複雑である。
私自身私はまことに運が良かったとは思う。
それでもゆがんだ教育を考えると未来の子供は複雑である。
他人は全然アテにならない。
それで明るい未来は科学ぐらいしかない。
神の自然の力は人間の労力なんかものともしない。

この宇宙の元素の存在比率を証明するのが
元素合成プログラムの夢である。
ビックバンでは水素とヘリウムの存在比率を証明し
星は水素から結合エネルギーが一番高い鉄までの元素を作る。
超新星爆発で鉄より重い元素が作られる。
rpプロセスはプロトンナンバーが進む過程で
rプロセスはニュートロンナンバーが進む過程である。
この宇宙の元素の大部分は水素とヘリウムで出来ている。
そのため太陽もそんな構成になっている。
なんとなく中性子の話が聞きたいがあんまりそれを言う人がいない。
なんか雲をつかむような話なのかわからないけど
そこらへんに何かエネルギーのヒントがあるように思う。
私は私で国際問題考えるとエネルギー問題も難儀だなと思う。
あんまり解決しない方が良い気がしてそれも私の複雑な要因である。
それが私の運命となんか関係があるような気さえしてくる。
そんな微妙なバランスで私の運命も決定するような気がしている。
だけど全世界的にエネルギー問題は解決した方が良いに決まっている。
温暖化もそうだし足らないエネルギーもそうだし
ただ平和がおとずれるエネルギーであって欲しい。
そういう希望を持って時間が過ぎている。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180919end

Blogger

Facebook

2018年9月18日(火) 雑記



<<追記20180918
今日も仕事した。
昨晩は読書出来た。
明日は慣れない仕事をする予定でいる。
それでもやるだけの事をやるしかない。

最近は三連休もあってラクをしている。
普通に二連休だと少し工夫がいる。
もうちょっと微調整が必要である。
iMacを使う時間が限られているためである。
それ以外は順調である。
7月8月を終えて
さわかやかウォーキングが始まったせいもある。
何か段々時間が足らない気もする。
それぐらい頑張っているという事のように思う。
自分としては時間が解決すると思っている。
そういう人生を送るつもりでいる。
なのに学歴や職歴は何事だろうと思う。
目標はもっと他にあるように思う。
それなのにエライえげつない世の中だなあと思う。
なんとなく私はあきらめ半分で競争社会とはこうやって形成するのかと思う。
競争が目的化してしまっている。そんなんより大事なことがあると思う。
残るのは頭の健康優良児ぐらいしかない。
それに気づいている人が少ない。それが私の実感である。
周りを見ればなんとなく私はそう思う。
そういう意味では観察眼も大事である。
予備校にいても同じである。ちゃんと他人が何をやっているのか見るべきである。
私は私で幻聴で暗記出来なかったけどそういう観察はしていた。
剣道で言う見取り稽古である。
剣道も色々知識があれば色々出来たなあと思う。
高校時代に良く時代小説を読んでいてあんな知識があったら何か出来たなあとは思う。

今の幻聴は最悪である。話にならない。つまらなさ過ぎである。
もっと話の出来る女はいないのかとストレスである。
そんな話も出来なくて美しいとかかわいいとかなんて論外である。
何か考え方がおかしい。
学歴職歴もそうである。もっとまともに話をする人になった方がいい。
私は私でそれに苦闘している。他人ももっと苦闘すべきである。
まともな話が出来なくて女と男は成立しない。
それが正直な気持ちである。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180918end

Blogger

Facebook

2018年9月17日(月) 近況



<<追記20180917
昨日は比較的ゆっくりした。
それでも読書を少しした。
今日も読書する予定でいる。
何となく資格をどうしようか考えている。
あんまり無理の無いようにやりたい。
なので当分先ではあるが
なんか資格ありきじゃあない気もする。
色々総合的に考えて複雑である。
それでも目標としてはありのような気もする。

個体物理学の上を終えて
ベクトル計算と複素関数論が今までと違った形で出てくる。
思わず物理の本を一冊買ってしまった。
それなりに対応にせまられた。
大学の一年の時ベクトルの本を買った。
そんなに大事だと思わず今まで来てしまった。
電磁気扱うのだから当たり前と言えば当たり前だよなと思った。
友達の苦労を知ったおもいはする。
色んな世界で複雑な事を感じた次第である。
私は私で悩んでた。
それがうまく行ったのはたまたまな気はする。
結果的に人にも助けられた気はする。
むろん私にも努力はあったし誰も気づかなかった。
それなりに哲学の勝利だし
そこまで時間がかかった。
それなりに読書してたというのもある。
考える余裕があったのもある。
結果的に人生に無駄は無い。
それが私の実感である。

不満があるとしたら
健康でいたいぐらいである。
それ以外は順調である。
なので気分はまっすぐ生きたい。
それが私の本音である。
それを妨げる理由なんてない。
それなのに健康については問題ありありである。
それぐらい私には権利があるように思えて仕方ない。
それがなんか不安要素ではある。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180917end

Blogger

Facebook

2018年9月16日(日) 近況



<<追記20180916
今日は昼間父の車でイトーヨカドー沼津店で買い物して帰った。
途中富屋珈琲店で昼食した。
比較的ゆっくりする予定でいる。
昨日は録画を消化してAIのNHKスペシャルを見た。
何か科学にならん状況でAIと言えるのか良くわからんかった。
ただ便利ではある。良くも悪くも結果は出るのだから。

今日も放射線と吸収線ぐらいしか思いつかなかった。
ある原子にはある波長域の放射線と吸収線があらわれる。
吸収線といっても格子状の原子がある波長域を反射するのでその波長域が抜け落ちる。
それは高校の物理にも出てくる。2dsinθ=Nλと言う奴だったと思う。
格子状の原子は星にあるような温度があると吸収線と同じ波長域の放射線が発生する。
その波長域は原子ごとに異なるため
何の原子で出来ているか星間物質とか恒星の原子構成とか判明する。
可視光線の領域の波長が全部あると白くなる。
他にも赤外線紫外線X線とか様々な波長領域がある。
f*λ=cなので波長が決まれば周波数が決まり周波数が決まれば波長が決まる。

色々あっても
それで私が得をしているかは私次第である。
得になるように私が工夫している。それが無くて得にはならない。
なので努力次第ではある。それを文句言い出したら何事もうまくいかない。
ひたすらに私には無関係なだけである。それを文句言い出したら
自然の声とか地球の声とか神様の声ぐらいしかない。
私にはひたすら無抵抗である。そんなこんなで私みたいな人も稀有である。
状況が私だけでどうにかなるレベルを超えている。
私にあるのは健康的な精神ぐらいしか判断出来ない。
それに反すると私自身拒否しかない。もう問題はそこら辺ぐらいしか思いつかない。
それが私の障害から来るのか私自身わからないけど
たくましい精神構造でしか私が生き残れないからかもしれない。
問題はそんな健康的な精神が病んでいるとしかおもえない。
一体その精神の問題は私としては無関係でいたい一心である。
それより私は健康でたくましい精神に一票である。
本当に精神的に気味悪いぐらいしか問題が感じられない。
それを私がどうしたらいいのか思いつかない。それが本音である。
それと関係のない生活がしたい。それが私の実感である。
それが気味悪いのが面白いなんて悪趣味だと私は思う。
もっと気高い健康的でたくましい精神が必要だと私は思っている。
そうではなければ私は社会を失望する。そういう私がいる。
なのになんでそんなひねくれた精神が横行するのか私には全然理解出来ない。
そこらへんが上と下の違いのようにも思う。
そこを埋めないと上と下のままである。
全然優秀というのを理解出来ない原因のように思う。
私自身そんな上とか下のために生きていない。それなのに扱いがひどすぎる。
全然お互い世界を知らないと言うだけである。なのにズルズル私を引っ張り出す。
それだけで犯罪である。私はひたすらに自分の精神のために生きている。
それなのにそれさえ台無しである。ここまで来ると上も下も悪の巣窟である。
私はひたすらに健康な精神でいたい。他人の無理解がここまで影響している。
もうちょっと人にやさしい世の中になって欲しい。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180916end

Blogger

Facebook

2018年9月15日(土) 近況



<<追記20180915
今日は健康診断した。
まあ体重が重いよねという話になった。
ここしばらく気をつけてみようかと思っている。
それでも空腹に耐えられない気もする。
それでもやってみようと思っている。

相対論のフリードマン方程式について昨日書き込みをした。
このフリードマン方程式とは
相対論の重力方程式に四次元の球対称のモデルである。
開いた球対称と平坦な球対称と閉じた球対称が存在する。
この宇宙は限りなく平坦な球対称に近い。それが平坦性問題である。
平坦なのはこの宇宙の質量と関係している。
まあ私がこんな話をするのは一応フリードマン方程式が標準理論だからである。
フリードマン方程式によると開いているのと平坦のと閉じているので
膨張後の未来の宇宙は異なる。
それが十一次元になるとしたらまた話が違ってくる。
フリードマン方程式以外にも色々モデルがあって
点対称とか自転付きの点対称とかそれはそれで名前がある。
シュワルツシフト解とかカー解とか言われている記憶が少しある。

それでも今までの話が違ってきても
近似してどのくらい誤差が出るか吟味するだろうと思う。
その誤差が正しいのか間違っているのか標準理論のわかれ道である。
標準理論だから正確性がある方が選ばれる。
今までの話が無駄になることはあんまり無いと思われる。
無駄になるとしたら局所的に不規則な値になるエリアだろうと思う。
そんな対象を我々は知らなかったエリアである。
今までの情報の正確さはたもたれる。
無駄にならない。それが科学なのである。

どうも私は社会に受け入れてもらえない気はする。
私の責任じゃあないのに私の責任になっている。
私がどうのこうので解決しないのに私が問題になっているだけである。
私には無関係である。神様に文句言ってくれというような気分である。
私だけでどうにかなる世の中じゃあない。
そういう自然があってそういう事実があってそういう神様がいる。
それを私はどうしようもない。それが私でどうにかなる話じゃあない要因である。
それが私にとって他人を信じられない要因でもある。
人間がどうにか出来る話じゃあない。それが私の実感である。
なのに人間は抵抗している。無駄に無駄なのである。
もっと自然の声や地球の声や神様の声を聞くしかない。

それでも明日はやってくる。
ボチボチやりたい。
<<追記20180915end

Blogger

Facebook


[バックナンバー] [目次] [トップ]

Akiary v.0.61